象潟沖へ再び(2016オフショア・その4)

12月20、26日の両日、象潟沖にて寒ブリ狙いのジギングに興じておりました。

実は能代沖(テリ場)ジギングの予約を何度か入れていましたが、ことごとく流れてしまい、10月の大船渡沖以来の青物ジギングになってしまいました。

お世話になったのは、昨年のクリスマスイブに自己記録となる11.5㎏を釣らせていただいた遊漁船Santaさん。(※関連エントリー>>>2015年最終釣行にて

「夢をもう一度」と今月になってからダメ元で3回予約入れたところ、この時期には珍しく2/3の高確率で出船できました(笑)

20161226a.jpg

さて、20日は釣座を決めるジャンケンでトップになり、選んだの右舷大ドモ。昨年も左舷大ドモでブリをゲットできたので、これ幸いと乗船しましたが、これが思わぬ誤算に。

この日は上潮は船尾後方に、底潮は船首前方にラインが入るいわゆる2枚潮。しかも右舷は風の影響か更にラインが船底に入る状況。気をつけていましたが私を含め周囲の2.人もスクリューにラインを喰われてしまいました。

そんなタフな状況でもクライマックス!?はありました・・・

ワンピッチで20回シャクッたところでラインテンションが緩みクンクンと軽くラインが引っ張られます。それはまるで誰かが刻むワンピッチのリズム。「お祭り」かと辺りを見渡しますがその様子もなし。「まさかヒット!?」と急いでテンションを取り戻すと3㎏設定のドラグからいきなりラインが引き出されました。その重量感からブリを確信しましたが時すでに遅し。2度目の突っ込みでラインテンションを失ってしまいました。

船長がいうように象潟沖は「0か100」。少ないチャンスを確実にものにしないと話にならないのですが、その千載一遇のチャンスを自分の判断ミスで逃してしまいました。思えば昨年のブリもいきなりの食い上げでした。バイトとお祭りの区別ができなかった自分の経験不足を痛感。その後は、なんとかワラサを1本ゲットでこの日は終了です(とほほ)

20161226b.jpg

翌釣行となる26日は右舷ミヨシから2番目に陣取りリベンジに燃えました。ミヨシのアングラーは一年前の釣行でも一緒だった方で、お互い夢をもう一度という立場で会話も弾みます(笑)

一流し目に右舷大ドモのアングラーが9㎏をゲット。幸先の良いスタートに船中盛り上がりました?が、その後はいつも象潟沖(笑)。


20161226c.jpg

沈黙の時間帯の後、ぽつり、ぽつりと8㎏クラスが上がりました。

前回は久々の釣りで昼前には腕や肩が痛みだし辛い釣りになってしまいましたが、この日は身体も慣れて順調です。磯のサラシゲームにも同じ事が言えますが、身体が慣れてきたころには毎年シーズンが終わってしまいます。オフの体力維持を本気で考え直さないといけない年齢になってます(笑)

20161226e.jpg
※この画像は遊漁船Santaのブログから転載させていただいました。

最後まで集中をきらすことなく一日を終えた結果です。

ブリならぬメタボなワラサですが、とことんやり尽くした結果なのでほぼ満足でした。

ブリよ再びの夢は、来年に持ち越しです。

20161226d.jpg


---フィッシングデータ---
日時:12月20日7:00~15:00
場所:象潟沖
釣船:象潟港「Santa」
天候:
釣果:ワラサ65㎝/3㎏クラス
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+13シマノ/ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/フロロリーダー60lb
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイルスピード200g(アワビ風オールブラック)

日時:12月20日7:00~14:00、
場所:象潟沖
釣船:象潟港「Santa」
天候:
釣果:ワラサ83㎝/6.7㎏
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+13シマノ/ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/フロロリーダー60lb
●ヒットジグ:ネイチャーボーイズ/スイムバード220g(キャスティング仙台南店オリジナルカラーいぶし銀)
[ 2016/12/28 13:07 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)