ベイトの正体は (2016オフショア・その2)

20160416a.jpg

4月16・17日は、三陸のサクラマスジギングに行ってきました。昨年5月の時と同じメンバーで2度目のトライです(※関連エントリ>>>ゴールデンウイーク釣行)。

お世話になったのは三陸崎浜の広進丸さん。昨年同様の初日は午後船、民宿に宿泊し、翌日は午後船に乗船というパターンは、恒例行事となりつつあります(笑)。

もちろん昨年の貧果を取り戻そうと3人ともリベンジに燃えていました。

20160416b.jpg


さて、初日の午後船。

乗船時に船長から「○○さん、今日中に勝負を決めてくださいね!」という意味深なお言葉。

二日目は荒れ模様の予報のため、かぎりなく出船の可能性は低いとみてのコメントのようです。

ある程度の覚悟はしてましたが、これで半日勝負がほぼ確定。

午前と午後と比較するとわりと分のいい二日目に勝負をかけるつもりでしたから、プレッシャーがのしかかります。

20160416c.jpg

案の上というか、開始からしばらく鱒からの反応がありません。

乗船者はたぶん9名。たまにロッドが曲がりますが、上がっているのは、アイナメか小タラやカレイ。我慢しきれずボトムまでサーチしているからでしょうか・・・。

こちらは昨年の反省から、船長からアナウンスされるレンジ(30~40m域)を中心に探りをいれます。ワンピッチを基本に、ピッチ幅とジグスピードを変えながらバイトを待ちます。

スタートから1時間。早めのショートピッチで上へ上へと誘いをかけたスイムライダー90gに待望のヒット。

小型ながら待望の船中1尾目をゲット。

---

ここから連続ヒットに持ち込みたいところでしたが、またもは沈黙の時が過ぎます。

しばらくするとカモメが集まり高速で水面近くのベイトを追い回し始めました。船もそれを追うように移動を開始。ベイトが上ずり、しかも高速で移動をしている様子です。ベイトはイワシだろうと推察し、ウィークベイトショートにチェンジ。

早めのジグの動きを意識して誘うと、うれしい2尾目がヒット。ドラグを鳴らし下への突っ込みを繰り返しながら上がってきたのは、3㎏クラスのまずまずのサイズでした。

---

読み通りの展開でゲットと言いたいところですが、下船後に船長にカモメが追い回していたベイトの正体を聞いてみるとメロウドとの事。実際、鱒の腹の中にもメロウドが入っていました。

イワシじゃありませんでした(笑)。勘違いでしたが、早めのジグ移動は間違っていなかったようです。

終了間際に同船の方が1尾上げて、終わってみればこの日の午後の部は船中3尾。船長が厳しい状況と語る中で、2尾ゲットできたのは勘違い、もとい成長の証と喜ぶべきでしょうか(笑)

---

釣果は別にしても、いつも以上に集中した時間を過ごせた半日でした。
※ジギングの場合、釣り上げた鱒は船上で大暴れするので鱒をシメてからフックを外すよう指導されます。本来なら生きた鱒の画像をアップしたいのですが、なかなか難しいところです。死んだ鱒の画像を画像を大写しにするのは憚れるところなので、鱒画像はリンク形式にしてます。

---フィッシングデータ---
日時:2016年4月16日 乗船時間12:00~17:30
場所:三陸越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:-℃、波:1~2m、風:-
釣果:サクラマス58㎝、50㎝
●タックル2(50cm)
パームス/メタルウィッチ・MWGS-632M+ダイワ/セルテートハイパーカスタムRCS3012
ライン:バークレー/カラードファイヤーライン1.2号
リーダー:VARIVAS/シーバスショックリーダー・フロロ20lb
●タックル1(58cm)
シマノ/ゲーム・タイプスローJ・B683+シマノ/オシアカルカッタ300HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンWX8PE1.5号
リーダー:VARIVAS/シーバスショックリーダー・フロロ20lb
●タックル3
トップレンジ/レンジスティック・タイメタル69BTi+アブガルシア・ソルティステージ・BV8
ライン:バークレー/カラードファイヤーライン1.2号
リーダー:VARIVAS/シーバスショックリーダー・フロロ20lb
リーダー:VARIVAS/VEP20lb
●ヒットジグ:ネイチャーボーイズ・スイムライダー90g(シルバーホロ)、メロン屋工房・ウィークベイトショート100g(オールホロシルバー)
[ 2016/04/18 08:32 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)