「過程が大事」とはいうものの (2015スズキ・その2)

20150525.jpg


宮城に移り住んで最初のターゲットに定めた磯のマルスズキ。

GW前後から活況を呈しているようで、景気の良い話が次々耳に飛び込んでくるが、実際はこれがなかなか手厳しい。今月は3回アタックしたが、まだバイトすらなくスズキの尻尾を捕まえることが出来ないでいる。これまでの経験から大切なキーワードを満たすポイントを探しているが、なかなか満足するポイントに辿りつかない。ようやく見つけても回遊系のスズキは必ずそこにいるとは限らない・・・。

風向き・波高・潮汐・水深を考慮しつつ、広大なエリアから点を拾い出す地道な作業は、まだ始まったばかり。だが、釣りをしている時間よりドライブとトレッキングに費やす時間の方がはるかに多く、今のところ迷走感が拭えない(苦笑)。

---

今日は一休みしてタックルの整理やメンテに費やす。

次回、気持ちを新たに再スタートだ。
[ 2015/05/26 17:35 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(6)

一日にしてならず(2015スズキ・その1)

20150510a.jpg

3月の釣り場探索(ドライブ)から一月半が経過したGW直後、宮城の磯スズキ釣りを開始しました。前回のドライブでは、何の手がかりを掴むことができず、釣行数日前から例によってのグーグルマップとのにらめっこ(笑)。

男鹿磯での経験から大まかな地形を予想。何箇所かをピックアップし期待を胸に現地に向いました。が、まさに「見ると聞くとは大違い」。磯への降下点がなかなか見つからず磯に近寄れません。ようやく磯際にたどり着いても、キャストすることさえなく失意のまま移動することもしばしば。一級どころか二・三級ポイントすら見つかりません。

磯スズキは一日にしてならず・・・・ですね(笑)

---

画像は、そんな厳しい展開ながらようやく見つけたそれなりのポイント。沖根やハエ根に絡んだサラシが広がり期待が出来そうでした。残念ながらこの日は反応は無し。磯は状況の変化が大きいので、一度だけのアプローチだけでは判断がつきません。再び違う条件の時に訪れてみようと考えてます。

風・波・地形などのピースを組み合わせたパズルゲームのゼロからのスタートです。
[ 2015/05/15 18:46 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(2)

ゴールデンウィーク釣行

20150504a.jpg


20150504b.jpg


20150504d.jpg


20150504c.jpg


20150504e.jpg


長い人だと昨日までGWだった人がいるとか・・・僕は2連休で終わりでしたが、それでも社会人になってから、ずっとGWとは無縁のサービス業に従事していたので、2連休とはいえとても新鮮なものでした。

---

さて、その貴重な休みには、大学の先輩二人と青物狙いでいつもお世話になっている広進丸に乗船し、鱒ジギングに初挑戦してきました。折りしも寒冷前線が通過の予報。前日に船長から出船が危ぶまれる電話が入り、一時はどうなることかと心配しましたが、前線の接近が予報より遅れたことで無事に出船とあいなり、今回はリスク承知で崎浜港に向ったのが正解でした。

今釣行は2日の予定を組み、初日は午後船、二日目は午前船に乗船。貴重な休みを有効に利用するつもりでしたから
、出船がかなったのはラッキーでした。

---

ご覧の通り、初日は「やませ」が入り肌寒く、ウネリもきつい中、船長が奮闘してくれましたが、本命の真鱒は船中2本で、うち先輩が40センチクラスをキャッチ。夜中に前線が通過し、明けた二日目は船中8本とやや反応が上向く中、写真も撮らずに釣りに集中しましたが、またもや先輩の40センチクラス1本で終了し、僕ともう一人の先輩は撃沈でした。

夢の板鱒は次回に持ち越しです・・・(苦笑)

初トライでいろいろと感じることがあり、課題も見つかりました。川の鱒を二十年狙ってきて、その難しさは理解してますが、海の鱒も気難しく、鱒ジギングは奥の深いものでした。
[ 2015/05/11 06:37 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)