コールマン・PEAK1

ピーク1

フライフィッシングに夢中になっていた学生時代、所属していた釣り部のものだったか先輩のものだったかどうか、今でははっきりしないが、僕らのそばにはいつもガソリンストーブの「ピーク1」があった。

タフでメンテンスフリーの優れものだ。

もちろん当時からガスバーナーはあったけれど、近頃のような高性能&高出力のものではなかった。少々気温が低いと使い物にならず、実際に、軽量さをかって持ち出した山上湖では、煮えきらないラーメンを食すはめになった・・・。

卒業後、ソロで活動するようになって、まず買い求めたのが画像のピーク1(モデル400A)だ。学生時代に使っていた2レバータイプの後継機。その後、1レバーに変更されているので、それでもかなり古いモデルになってしまった。

かれこれ26年の付き合いだ。

---

その後、高性能のガスストーブが続々と出現し、いつしか僕もそのユーザーになった。この便利なアイテムにとって替わられて、ピーク1の出番がめっきり少なくなったことに最近気付いた。最後に使ったはいつだったろうか。おそらく3年前の冬サクラマス狙いの時だったか・・・。

3年間も放置していたピーク1を引っ張り出すとタンクにはガソリンがそのまま残っていた(苦笑)。ポンプのパッキンにオイルを差し込み、ポンピングを開始する。初めはスカスカで抵抗が全く感じられない。いくらメンテフリーの優れものでも流石にやっちまったかと嘆く。

それでも、しばらくポンピングを繰り返すと徐々に調子を取り戻し、タンク内の圧力が高まっていく手応えが感じられる。パッキンはまだ無事だった。十分に圧力が高まったピーク1を外に持ち出し、恐る恐る着火すると青白い炎が勢い良く上がる。ひとまず完調の様子にホッとすると共に改めてピーク1のタフさに感動。

20130123peak1b.jpg

ご覧の通り、雪に埋もれていてもたちまちの内に湯を沸かしてくれるのだ。

---

至極当然の話になるけれど、このストーブはアウトドアが良く似合う。今シーズンは再びピーク1をフィールドに持っていこう。
[ 2013/01/23 12:19 ] タックル | TB(-) | CM(4)

ブナ

ブナ

我が家のブナの木です。

樹齢は定かではありませんが、25年前に植樹した際に4m程の若木だったので、少なくとも30年は経っているものと思われます。今ではアケビの蔦が絡まる幹に特有のブナ模様が浮きでて、それなりに貫禄も付いてきました。

秋に落ちきることなくしぶとく梢に残った枯れ葉の影に新芽が見えます。

新芽

まだまだ小さく固いつぼみですが、これがいっせいに芽吹くと圧巻です。

ちょうどその頃は中流のサクラマス釣りが楽しい季節。庭先のブナのつぼみを見ながらそんな季節に思いを馳せています(笑)

久々の晴れ間

2013年1月21日撮影

今日は久々に晴れました。

寒い日が続くと外への関心が薄れ、つい内向きになりまってしまいますが、気持ちよく晴れた日は、そんな鬱屈した気分から開放してくれるのでとても貴重です。おかげで屋根の雪下ろしもはかどりました(笑)

ありふれた画像ですが、少しでもおすそ分けになれば幸いです。

※関連エントリー>>>新緑(2009年5月13日)

謹賀新年

2013.jpg

皆様、新年明けましておめでとうございます

ようやく本業が一段落し、遅ればせながら新年のご挨拶です。毎年の事ですが、時間に煽られて正月気分とはほぼ無縁の年末年始を過ごしておりました。

今年も釣行時間の確保が難しい状況となりそうですが、なかなか結果の出ないカヤックフィッシングと、迷えるジギングに関しては、少しずつでも進化していけたらいいなと考えてます。更新頻度は落ちてしまうと思いますが、これまで同様!?気長にお付き合いください。

それでは本年もよろしくお願い申し上げます