蟹パターン!?

やや荒れ気味

今週の日曜日の午後から友人と二人で磯を巡回してきました。珍しく日曜日の出撃です(笑)

大荒れ後の収束期。まだまだ波は高目という状況でちょっと期待していたのですが、未だベイトの接岸はなく、磯の秋はやや遅れ気味かもしれません。猛暑の影響かもしれませんね。そんな訳でショアラインはガンガンとサラシてますが、スズキが縦横無尽にサラシの中を泳いでいるかというとそうでもなく、藻がからんだポケットや根にシビアに着いているという印象でした。ベイトが少ないんですから、当前の話しですね。

藻際をしつこく打って、やっとこさ・・・。
痩せた70cm

痩せた70cm。どうにも秋磯のスズキのイメージとはほど遠いですね(苦笑)

友人はこれよりもコンディションの良いスズキを獲りましたが、はやりサラシの切れ目でシェイキングしステイさせていたミノーに藻の中から急浮上してきたそうです。やりますね(笑)。ちなみにキープしたこの2本とも胃の中は蟹だけでした。例年ですと夏から秋への移行期にこの蟹を食っていることが多いので、やはり秋は遅れているのでしょう。これからが本番だと期待したいところです。

その後は二人ともバラシてばかりで反省です(苦笑)。

---

蟹パターンは如何に(笑)
[ 2012/10/25 11:50 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(10)

単独で出稽古

三陸崎浜港 広進丸さん

台風とかち合って延期が続いていたブリ狙いの三陸ジギング。先日、ようやく機会を得て実体験してきました。本来ならブリの初挑戦にあたり、いろいろと相談に乗っていただいている知人にご一緒してもらうはずでしたが、今回はお互いの仕事の都合で僕一人の乗船になってしまいました。ご存知の通りジギングの体験は過去一度きり。(※関連エントリー>>>「初オフショアフィッシング」)

当然、最初は戸惑うことも多いだろうと予想していましたが、他の釣りの経験はそれなりにありますし、乗船中に対応できるだろう、そんな考えがありました・・・。お世話になったのは三陸崎浜港の「広進丸」さん。乗船者は僕を含めて3名。幸い穏やかな日和の中、期待と不安が交錯する中で出航しました。

---
[ 2012/10/17 09:00 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(18)

秋の陣 (2012スズキ・その6)

開幕戦にて

寒冷前線が通過し、日本海側は荒れ気味の天気予報。いよいよ秋の陣の開幕です(笑)

画像は前線の通過前の様子。適当に荒れてます。右手からは発達中の積乱雲が迫っているので要注意です。

---

この雲が到達する前に、60cm足らずのフッコをゲット。
フッコ
サイズはいまいちですが、スタートでこけなくて良かったとすべきでしょうかね(笑)

その後、nekoheadさんと合流。当ブログ開設当初からのお付き合いですが、実はお会いするのは初めて(笑)。マッチョな身体に圧倒されつつご挨拶。

その後はタイミング悪く積乱雲が到達。

辺りが急に暗くなるたびに「土砂降り」「雹」「落雷」の洗礼です(苦笑)。2度の退避がありましたが、nekoheadさんは良型含みの2尾をサクッとゲット。ボクにも良型がヒットしましたが、ランディングに手こずっているうちにフックアウト。この日はいつも以上に潮位が高く普段なら水面から出ているはずの岩盤や岩がことごとく水没。場所によってはランディングがいつも以上に難しかったかも。

---

巨大な積乱雲

大荒れの天気の後はこんな感じ(笑)。雲の真下は凄い事になっているはずです。

めまぐるしく変わる天気・波に翻弄されましたが、言い換えればこれこそが磯の釣り。刻々と変化する状況にアジャストさせる事が大切です。昨日会ったばかりの二人は、何となく「あうんの呼吸」でそれが出来たと思います。言葉少なくとも意思疎通。僕はそれがとても楽しく感じました。

---

シーズンの荒れ初めということもあってか、ベイトも本命もまだまだ薄いという印象でしたが、数・サイズ共にこれから上昇することに期待したいと思います。
[ 2012/10/12 10:21 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(4)

待機モード

初秋の岩手山

10月も2週目に入り、朝晩の冷え込みが秋の深まりを感じさせてくれる季節になりました。ご覧の通り、岩手山の頂き付近は赤く染まり始めました。次回、お伝えする時は、おそらく初冠雪とかなんとかで雪景色になっているでしょう。

さて、門を叩いた三陸のジギングは順調に?扉が開かれたにもかかわらず、肝心の予定日が2週連続でやって来た台風とかち合ったり、仕事でいけなくなったりで、ここしばらく受動的な待機モードが続いています。その間、馬鹿みたいに物だけが増えていくばかり(苦笑)

---

僕の焦りとは裏腹に季節はどんどん進んでいます。
また口語調に戻してみました(笑)