スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卒業

素敵な川だった

解禁前日となってしまった。

画像は自分のホームとも言える雄物川の支流だ。ここに初めて訪れたのは、9シーズン前のこと。お互いに「サクラマスが釣れない暦」を順調に重ねていた釣友Iと訪ねた時からだ。この川を二人で歩き続けて偶然に見つけた平瀬は、一見なんの変哲もないポイントだったが、実は底石が多く荒瀬を駆け上ってきたサクラマスが数多く定位していた。そこで二人は人生初のサクラマスとめでたく対面することができた。以来、何度もそこを訪れ、誰も見向きもしない「開き」において自分達のシャロースタイルを確立することが出来た。その後、こんな所で釣れるのかと猜疑心だらけの仲間達の背中を押しながら。

・・・

しかし、ここ数年はじょじょに話が違ってきている。シャローに覚醒した(笑)友人達が、この「鉄板ポイント」を目指してやってくるようになり、その数は年を追うごとに拡大していった。当然といえば当然の話かもしれない。他では滅多に体験できないゲームが痛快に楽しめたし、それに元々ポイントは誰のものでもないのだから。

そんな訳で最近は新規ポイントの開拓に専念していた。というか僕の決断が遅すぎのだ。賢明な友人Iの方は、そんな世知辛い事情をとっくに見越していたようだ。ポイントは無限だと言わんばかりに他に目を移していた。

---

そして、明日の解禁日。

遅ればせながら今年は、ホームを離れて別の河川に向うことにした。
(※画像と本文は無関係です。)
スポンサーサイト
[ 2012/05/31 10:15 ] フレッシュウォーター サクラマス | TB(-) | CM(2)

山麓の春

生憎の天気にたたられたGWが過ぎ去り、岩手山山麓にも新緑の季節がやってきた。

ウグイス・ジュウイチ・ホオジロ達がさえずり、エゾハルゼミの合唱もすでに始まっている。僕自身、生命感にあふれ一年で一番輝いて見えるこの時期が大好きだ。


娘のクラスメート宅で見事な菜の花畑が目に付いたので、撮影させていただく。
駒ケ岳をバックに
遠くに残雪を頂く駒ケ岳が見える。

看板を見ると

近くの看板によると知らぬ間に、「菜のテクノロジープロジェクト」なるものが立ち上がっていたようだ(笑)

少し車を走らせるとあちこちに満開の菜の花がある。

そして、小岩井農場にも・・・
120522c.jpg


岩手山をバックに


一番輝いて見える季節

手入れが良く行き届いていることに、いつもながら感心!

サラシ打ち~春磯にて~ (2012スズキ・その1後編)

前日の好印象から延長戦に突入した翌朝は、予定通り4時に起床。すでに東の空はかなり明るくなっている。もう少し早く起きるべきだったか。

急いで釣り仕度を整えポイントへと車を走らせる。

肝心のサラシは如何に・・・
[ 2012/05/19 17:00 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(4)

藻打ち~春磯にて~ (2012スズキ・その1前編)

サクラマスにうつつを抜かしているいる間に、もとい、心を奪われている間に、磯開幕の報が仲間を通して耳に入る。自称「磯マニア」としては、情報の受け側に回るのは心中穏やかではない(笑)。

ポッカリと時間ができた水曜日。娘を学校へ送り届けたその足で西へと赴く。途中、娘が「お父さんはいつも天気が悪いときにばかり釣りに行くよね」となかなか鋭いことを言う(笑)。ついでに「こんなに沢山の道具を持って、釣れなかったらショックだろうね」。

---

さて、この日は南西の風が10m、波は2~1.5mの予報。タイミングとしては悪くない。果たして・・・・
[ 2012/05/18 15:48 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(0)

今日の葛根田川

葛根田川(2012.05.04)

大型連休ですが、生憎の空模様です。

画像は葛根田川の様子です。仕事の合間に葛根田川に架かる舘篠橋から撮影しました。ご覧の通りの大増水。それでも、つい先日まで残雪に覆われていたことを思えば、山麓にも春の気配が漂い始めていることを実感できます。うれしくなって思わずカメラを取り出しました。

これからの新緑の季節。どんな釣りが展開できるか、妄想だけはしっかりと膨らませています(笑)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。