スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛び道具 (2011スズキ・その3)

今月の11日に東北地方も梅雨明けしました。その途端に猛暑です(苦笑)。このような夏の暑さは、北東北でも当たり前になってしまった気がします。

さて、そんな暑さにもめげず仙台から友人がやってきました。狙いはサクラマス(笑)。ここまで来るともはや「悪あがき」などと揶揄することが憚られ、サクラマスへの思い入れの深さにただただ感心するしかありません。

天晴れです!

一方、僕はもうスズキモードにチェンジしてしまっているので微妙な心境でした。川には先日の大増水でおそらく大編隊が入っているはず。再びのモード変換にはかなりのエネルギーを費やしましたが、仲良くお付き合いしました(笑)

夏空の下で

気温は31度。日が傾く頃に合わせて入川。

流れそのものは、ちょうど水の引き際なのでベストに近い状態でした。

しかし、残念ながら夏サクラからの反応は無し。それでも僕としてはこの追い炊き(笑)が加わり完全燃焼です。夜は中仙の「たじはん」で納竿会を開催。気持ち良くサクラマスロッドを納めることができました。

翌朝の僕は、完全にスズキモード(笑)。トラウティストである友人をスズキ釣りに誘ってみたものの、気になる場所があるので、このまま川に残ると言います。

天晴れです(笑)

ここで友と別れひとり下流を目指しました。
スポンサーサイト
[ 2011/07/15 12:02 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(2)

救済されました(笑)

光あれ

ネット難民だったことと光回線の到来が近いことを先日お伝えしたところでしたが、昨日、念願かなって我が家もブロードバンド利用の仲間入りを果たすこととなりました。

NTTの委託を受けた業者が回線を敷設してくれた後、早速、ネットに接続。

そのスピードたるや、今までの苦労は一体なんだったんだろう!と思えるほどの快速さです(笑)

これで人並みの環境が揃い、サイズの大きい画像や動画も扱えるようになりました。もちろん閲覧も!(笑)


難民を救済してくれた町とNTTには心より感謝です。

平磯にて(2011スズキ・その2)

8日金曜日の午後は、磯に立っていました。

南寄りの風が吹き波予報では1.5~2m。タイトなスケジュールの合間を縫うような釣りですが、モットーである「行ける時に行く」というスタンスに変更はありません(笑)

また、カヤックの方は梅雨前線の動きが活発なので、しばらくの間は様子見となりそうです。

---(以下、釣行記)---

風向きから判断し南の平磯を目指す。
久しぶりの平磯
実に久しぶり(2シーズンぶり)の平磯!

一見よさげだが、荒れ始めに遭遇する周期が短く出どころの定まらない波がキャストのタイミングを難しくする。ペンキの厚塗り?のような波にめげずにランガンを続けるが、しばらくは無反応。

ついつい定番ポイントに足が向いてしまい、ここでようやくのバイト!
磯フッコ
60cmあるかないかの磯フッコ。

アイルのDB105(ブラック)を丸呑みしていた。

渋い状況に対する苦肉の策だったが、定番ポイント+極小ミノーはちと芸が無さ過ぎか。おまけに寄生虫によるものと思われる出血が何箇所かあり魚自体のコンディションもあまり良いとは言えない。魚に全く罪はないのだが、いつも心を揺さぶられるような出会いを求めている自分にとって正反対の結果になってしまった。更に追い討ちをかけるように丸呑みされたミノーがエラを痛めてしまい、リリースさえも困難にしてしまった。目先の欲が招いた結果は、後味の悪さだけを残した。
(※補足:あくまでも自己基準による感想であって、このような釣りを誹謗するものではありません。)

しかしながら、僅かに収穫もあった。

この日は昨シーズンに入手していたUC94を磯のサラシゲームで初めて使用してみた。結果、軽快かつパワフルなこのロッドは、平磯を攻略するのに必要十二分(笑)であることを体感。余程のタフコン時や高磯の釣り以外ならUC11を持ち出すまでもないだろう。今後、94の出番がかなり増えると思う。

---

その後、更にサイズダウンの一尾を追加してストップフィッシング。


素直に川に目を向けるべきだったか・・・
[ 2011/07/10 11:20 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(4)

遠野探訪

先週は、仙台から釣友がやってきました。

目的は最後の悪あがきでサクラマス狙いでしたが、あいにく川は大増水。お目当ての川はもとより他の河川も似たり寄ったりの様子で、いさぎよく?釣りは断念しました。

そこで予定を変更して実行されたのが、サイクリング。
遠野のサイクリングコースにて

こうなることを予想していたのか、友はルーフキャリアにキャノンデールのMTBを載せてやってきました(笑)

トランクに私の(実は息子の)エスケープを積み込んで目指したところは民話のふるさと遠野。ここは周辺から街中にいたるまでサイクリングコースが整備されているので快適なプチツーリングが可能です。

こんな具合に案内板も完備。
案内板

まぁこれが無くとも十分でしたが、行政のやる気を感じます(笑)

涼風吹く小烏瀬川沿いのコースは爽快で快調にペダルを漕ぎました。

---

小川に架かる小粋な橋にて
途中の橋

道すがら遠野名産のホップ畑を何度が目にすることが出来ます。
ホップ畑

---

こちらは五百羅漢
五百羅漢

天明の大飢饉による餓死者を供養するために、大慈寺の義山が山中の自然石に五百体の羅漢像を刻んだものとか。250年の時が経ち、羅漢像は苔むしてかなり風化が進んでいましたが、画像に線彫りの羅漢像が何体か写っています。
※心霊写真じゃないですからね(笑)

---

番外おまけ画像。
うめのや(笑)
↑この意味が解る人は、かなりのcassio通です(笑)

こちらが、かの有名なカッパ淵
カッパ淵にて
カッパ淵の流れ。
カッパ淵の流れ

なんてことのない小川と祠ですが、ひなびた風情がいい感じ。たまたま人手のあまりない閑散期であったのも幸いしたようです。

初めて訪れた遠野は地域を上げて歴史と民話を大切にしている、そんな印象を持ちました。私もわが町「雫石」の歴史や伝統を大切にしなければならないと心新たにした次第です。

---

いつもは山岳コースで汗を流している私ですが、こうして観光目的で自転車を走らせるのも実に良いものでした。車やバイクよりも行く先々との距離感が縮まりる一方で、徒歩とは比べようもない行動力を得られます。

旅先に自転車。これからの必須アイテムかも。


---走行データ---
走行距離29.8km、走行時間1時間40分、平均時速約18km。
[ 2011/07/04 11:04 ] サイクリング | TB(0) | CM(10)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。