早期のサクラマスロッド考 -パワーロッドを持つ意味について-

早期の情景
先日は、これまでの先入観を吹き飛ばす結果になりましたが、タックルに対する先入観も全く必要の無いものだと確信しました。

これまで割りと多くのサクラマスロッドを握ってきたほうだと思いますが、いろいろと変遷があり、現在、手元にあるのは、UFMウエダのラックス82イトウクラフトのエキスパートカスタム730MLの2本だけになってしまいました。

ミノーイングが中心となる盛期の釣りなら、上記の2本で十分事足りるわけですが、問題は早期の釣りです。

言わずもがなで早期の釣りは、大本流の下流域がメインフィールドとなりますが、アプローチがしやすいポイントは、釣果を求めるアングラーでにぎわっています。一つのランを釣り下りながら魚との距離を詰めていくのが好みの僕にとって、杭にならざるを得ない場所は苦手です。おのずとそんな場所を避けて自分の釣りを組み立てますが、そういったところに共通するのが、「広くて遠い」と言うこと。

川幅は約70m近く。流芯は対岸側。一見、何の変哲もないだだっ広い瀬だが、対岸の微妙なヨレがストラクチャーの存在を示している・・・。

これは先日、釣れたポイントの概要です。ディープウェーディングしても核心部と見られるストラクチャーまで60m程。ここで選んだロッドは圧倒的な飛距離と感度を重視してFCLLABOのUC88です。正統派トラウトアングラーから見れば非常識極まりないロッド選択かもしれませんが(笑)、パワーがあると見られているラックス82をもってしてもアプローチは不可能な距離でした。実際にラックス86ベースのソルトロッドシーランボロン/SRC-86FT-RSを使っていた友人もUC88の非常識な飛距離には目を丸くしてました・・・(笑)

25gのスプーンをややダウンにクロスキャスト(ポイントオーバーさせるので飛距離は60mを超える)。ポイントの3m程上流に着水させ、すぐさま糸ふけを取る。スプーンをテンションフォールでストラクチャーに対してタイトに絡め落とす。コツコツと岩盤に当たる感触。スプーンをリフトしターンさせた瞬間にヒット!

遠くの的を射抜いた快感とでも言いましょうか、過去1・2を争う会心のストライクでした(笑)

ちなみに昨年の冬サクラマス狙いでも、UFMウエダのシーバスロッドシューティングシャフト/STB-962HS-Tiで遠投を試みてヒットに結びつけてます。
(※関連エントリー >>> 始動(2010サクラマス)


今年は病気が更に進行してしまったようです・・・(笑)
[ 2011/02/26 10:28 ] タックル | TB(0) | CM(10)

先入観(2011サクラマス・その1)

秋田の冬解禁の期限が迫る21・22日の二日間、仙台の釣友と雄物川に立ってきました。2月の厳寒期とは思えない天候に恵まれて、存分に今期初釣行を楽しむことができました。

初日はこれまでの実績ポイントを中心に下流部(河口から10~20kmエリア)をうろちょろしたものの、予想以上のローウォーターと押しの弱い流れに苦戦し、生命反応がないままに終了。

残る二日目は、流れのない場所に退屈してしまったので、流速を求めて中上流部へと転戦しました。気温&水温の上昇に伴いサクラの活性も高まっているだろうと判断し、瀬を中心に釣りを組み立て直しました。あとはサクラマスの遡上を信じて自分の釣りをするだけです。

---

反応がないまま、どんどん上流へとランガンを繰り返し、全身は汗だく(苦笑)

果たして、2月のこの時期にまさかと思える場所にまで到達してしまったのですが、そこで、まさかまさかのヒット!
まさかの場所で
淡い期待から確信に変わった瞬間でした。

およそ河口から50~60kmエリアでのヒットによって、この時期のサクラマスに対して抱いていた先入観は完全に吹き飛びました。

---

ロケーションと気分はほぼ夏サクラ狙い。

あまりにも冬らしくないので、一応、それらしいカットも添えて(笑)。
雪上で

---ヒットデータ---
日時:2月22日 15時30分
場所:秋田県雄物川
気温:9℃、水温:4~5℃
釣果:サクラマス56cm
ロッド:FCLLABO/UC88
リール:ダイワ/セルテート3000
ライン:サンライン/キャストアウェイ1.5号+バリバスVEPナイロン25lb
ヒットルアー:ブルックスプーン/チャートSP25g

網張温泉スキー場にて

暦で立春を迎えたとはいえ季節はまだまだ冬本番。ウィンターシーズン真っ盛り!?という訳で何かと忙しくしておりました。

13日の日曜日に、この連休中に何処にも行けず家で退屈していた小二の娘に催促され(笑)、一緒にゲレンデに出てみました。

天気はこの冬一番の快晴。
弾丸コースにて

私は初滑りでしたが、娘は父(=おじいちゃん)の下でトレーニングをしていました。その甲斐あって、想像以上にレベルアップをしていた娘とスキーを楽しんできました。コーチ役のおじいちゃんには感謝です。

見た感じ何処へでもいけそうだったので、これまで滑ったことがないと言うコースに連れ出しました。画像は網張温泉スキー場のミズナラスロープ。MAX35度のなかなかのコースですが、しっかりと滑り降りてました。

良し良し(笑)

それにしてもスキー場の見事な空きっぷりはどうでしょう。連休最終日とはいえこの天気。もう少し人手があっても良さそうなものなのに・・・。関連業者としては複雑です(苦笑)。


「網張温泉スキー場」
温泉も良いし、今時には珍しいローカル色たっぷりの風情あるスキー場ですよ。
[ 2011/02/15 11:26 ] 家族 | TB(0) | CM(4)

ソルティガ3500

昨秋リニューアルされたソルティガのダウンサイジングモデル「ソルティガ3500」がいよいよお出ましになられるようだ(笑)

ソルティガ4000
※画像は4000
クリック>>>メーカーサイト記事
クリック>>>メーカー関連記事

同時にハイギアも発表されたが、僕の釣りには必要ないのでこちらはスルー。

さて、ソルティガ3500の気になるスペックだが、重量は440g、巻き取り長さは84cmだとか。現在、メインで使用しているセルテート3500HDとほぼ同じスペックだが、60gほど重くなる。しかし、ソルティガの耐久性と防水性能が手に入ると思えば微々たる問題だ。

散々と酷使してきたセルテートを予備機に回し、ソルティガ様をすぐにでもお迎えしたいところだが、

値段は¥83.500!

当分は無理だな・・・
[ 2011/02/01 17:03 ] タックル | TB(0) | CM(2)