FC2ブログ




探索(2010サクラマス・その9)

今週も火曜日に沿岸のH川へ行ってみた。

例によって子供達の朝の送迎を終えてからの出発なので、現場着は遅めの10時。

川の水量はおそらくベストに近く、中・下流域はこの期を待ち望んでいたアングラーでごった返していた。

活性の高い個体は早々に抜かれているだろうし、ムービングフィッシュが期待できそうなポイントは空きそうも無いので、思い切って上流部に移動。

今日は駄目でも、いずれサクラ前線は押し上がってくるだろう。

ガラ空きの今のうちに探索し、好機に待ち伏せだ(笑)。

---

新緑に囲まれた流れ。
気持ちの良い流れ
暑くもなく寒くもなく、とても爽やか。

案の定、上流は閑散としたもので、アングラーは数えるほどしかいない。サクラマス止めと考えられる場所から下流側を自由に探索できる。

ここぞと思える荒瀬で早速ショートバイト。H川におけるファーストコンタクトだ。

しばし間をおいて再トライすると、ストライク!
パイクのような顔付き!?
記念すべきファーストフィッシュは、パイキーなイワナだった。

まぁ、狙いとは違っていたけれど(笑)、これでもサクラマスとの距離が縮まったようでうれしい。先月釣ったサクラマスだって、アメマスが貴重なヒントをくれたのだから・・・。

移動を繰り返すも、その後のヒットはヤマメばかり。
ヤマメ

全て9cmミノーに飛び出してくるのだから、驚く程の高活性。(可憐なヤマメには気の毒だが・・・)


さて、肝心の鱒の待ち伏せは、成功するや否や(笑