FCLLABO・UC11

今期の磯シーンにおいて、新規にFCLLABOのUC11を入手し春から秋の終盤までメインで使用しました。

案外とUC11の検索でアクセスしていただいている方が多いようなので、シーズンを通して使用した感想を述べてみたいと思います。

こちらがFCLLABOUC11
UC11
※メーカーサイトはこちら>>>FCLLABO
[ 2008/12/25 16:55 ] タックル | TB(0) | CM(13)

考える釣り

いよいよ今年も残り僅かになりました。先日は地元の釣り仲間達と忘年会を開催。長いようで短いシーズンを振り返りながら夜遅くまで語り合いました。

その後、一人のアングラーとお会いする機会に恵まれました。

そのアングラーとは、Na.Craftyukiさんです。ホームページをご覧になって、その活躍ぶりをご存知の方も多いと思いますが、トラウトからサクラマス、そして川から磯の広範囲でスズキを追いかけている秋田のアングラーです。

今期は、90オーバーを含むランカーサイズを多数捕獲。後半の磯では毎回のように爆釣劇を演じてます。更に驚いたことに(笑)、前情報もなしに飛び込んだ10月の房総にて、地元アングラーがあきらめている状況下、85オーバーのヒラスズキを筆頭に複数ゲットという快挙も成し遂げています。
(※詳しくは、Na.CraftのFrom Fieldをご覧ください。)

さて、初対面でしたが、釣り談義に花が咲いたのは言うまでもありません。あっという間に時間が過ぎ去り、気がついたら午前2時!それでも物足りないくらいでした。

楽しい談話中も、「いったいどうしたら、あれだけの釣果を叩き出せるのか?」その鍵を探ろうと頭は活性化していました(笑)。

得られたヒントは、「釣りが心底好き」。そして「釣りを考えている」と言えるかもしれません。

情報が氾濫する昨今、釣り場情報とノウハウは簡単に得る事が出来ますが、「自ら考え行動する」のは、極少数のエキスパートに限られると思えます。

若いながらもyukiさんはその少数派で、日々変化するフィールドで、その日その日のパターンを察知する能力に長けているように感じました。私が悔しい思いをした状況をお話している際も、すかさず、こんなアプローチがいいのではないかとシミュレートを開始。その姿がとても印象的でした。

かく言う私ですが、「釣りが好き」という事については、100%共通してますが、まだまだ“下手な鉄砲系”です(苦笑)。

そして、もう一つ大切なお話が、・・・。

Na.craftは、yamaさんというハンドメイドルアービルダーとyukiさんのお二人で構成されています。今回はそのyamaさんから、貴重なハンドメイドルアーを頂戴しました。

こちらがそのルアー。
Hand made by Na.Craft
Slim160Balsa45S

どちらもクオリティの高さはもちろん、フィールドでも期待できそうなルアーです。余談ですが、以前からyamaさんのルアーは、とても気にはなっていましたが、入手方法がオークションに限らているのがネックで遠い存在でした。実はオークションには手を出さない主義なんです。だから決して頂いたからヨイショしているのではありませんよ(笑)

ホームページのMaking talkで開発秘話が紹介されているので、詳しくはそちらも是非ご覧ください。

名ビルダーと無敵のテスターコンビに、きっと圧倒される事でしょう!

12月15日

本日より定点画像をお送りすることにします。特に深い意味はありません(笑)

場所は雫石町内の3スキー場が望めるところにしました。

こちらが記念すべき?(笑)第一弾です。
2008年12月15日
橋の欄干にカメラを置いたら水平が取れていませんでした(苦笑)

ちなみに写っている川は、葛根田川支流の平出川です。2面護岸&堰堤無数という典型的な里川です。どうせお送りするならもっと景観の良いところにすべきかと迷いましたが、ありのままの姿ということでここにしました。もし、何処か別の場所にすべし!との強いご要望があれば!?、変更するかもしれません。(※私自信、じつはしっくりと来てないのです!苦笑)


一月に最低1回、なるべく2回のペースでお送りるする予定です。

気長にお付き合いください(笑)。
[ 2008/12/15 14:27 ] 定点画像 | TB(0) | CM(4)

ウォーキング

年の瀬がせまり、我が家も否応なしに冬モードに突入です。

何かと暗い話題が多い中、原油価格の下落だけは朗報です。冬本番を向かえる今、灯油代の負担の減少は、正直言って大助かりです。

それにしても去年の騒動は一体何だったんでしょうかね・・・(苦笑)

さて、話し変わって、この季節になると道路は凍結し、細々と続けていた自転車トレーニングが出来なくなるのが残念です。(もうとっくに止めたと思っていたでしょう!笑)

トレーニングの甲斐あってか、秋の磯巡りでは予想以上にフットワークが軽くなっていることに驚きました。それが新規ポイントの開拓に繋がった!と思っています(笑)。

ただし、せっかく向上した身体機能が、冬の運動不足で衰えるのは避けたいところです。

自転車が駄目ならランニングといきたいところですが、テカテカの道路を走るのは、相当スリリングです。事実、昨冬は何度か足払いをくらい、見事な「一本負け」を喫しました(笑)。

笑い話で済むうちはよいのですが、トレーニングで怪我をしては、それこそ本末転倒!

そこで、今年ははあまり無理をせずウォーキングをすることにしました。早歩きでアップダウンのきつい1週4kmのコースを約30分で歩きます。意識して歩幅を広げると、それなりに大腿筋にも負荷がかかります。そんなわけで長い冬は、ウォーキングで体力の維持に努めようと思っています。

---

今日は天気が良かったので家族を連れ出しました。初めて歩く娘もそれなりに楽しそうにしていました。

こちらは、「兄におぶさる妹」の図」。
これもトレーニング(笑)
娘が歩くのに飽きたわけではなく、娘にペースを合わせるとこちらが物足りないので、こうして強制的に負荷を上げていることころです。

毎日こんな天気ばかりだったら最高なんですが・・・(笑)。
[ 2008/12/14 16:29 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

ファイナル戦(2008年シーバス第19戦)

何かと気ぜわしく、更新が遅れました。

さて先週は、師走に入って早々の1.2日に男鹿磯を巡ってきました。大荒れ直後とあって波具合は申し分なし。修理に出していたUC11も復活し、ファイナルを迎えるにあたり条件は揃いました。が、

しかし、4週間ぶりに訪れた男鹿半島は、すっかり様変わりしていました。

海岸線を海鳥が行きかってますが、ナブラやボイルの気配は皆無。漁港にはハタハタ狙いの釣り人達の姿。海はそれまでのコバルトブルーから、すっかり透明度の落ちた鉛色へと変化。

完全に冬の様相でした。

一見、良さげなサラシが広がっていますが、師走スズキの気配は全くなし。
12月の海
最終節に挑む友人の姿です。

前週には相当の群れが接岸したようですが、すでにお祭りは終わっていました。残念ですが、それも仕方のないことです。モチベーションを保ちながら今年最後の男鹿の空気を肌一杯に感じてきました。

こちらは塩瀬崎の落日。
塩瀬崎の落日
8月末から始まった磯通いもこれにて終了です。約3ヶ月の間に男鹿を訪れたのは10回。日数にして15日。多い少ないの判断の分かれるところでしょうが(笑)、幸い家族の理解もあり、シーズン中にはわりと自由に男鹿へ飛んで行くことができました。そんな家族には心より感謝しておりますが、本人はまだまだ満足していません。

長いようで短い男鹿の磯スズキシーン。毎年、あっという間に終わってしまうというのが本音です。

来期は、春から磯に立ってみようと考えています。あわよくばショアサクラにも遭遇できるのではないかと、今から妄想を膨らませています(笑)
[ 2008/12/07 13:13 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(4)