解禁日前夜

明日はいよいよ秋田サクラマスの解禁日。

今年は日曜日と重なるので、それ相当の人出が予想される。

そこで解禁日を避けて月・火の2日間で釣行予定を立てた。
(↑吉と出るか凶と出るか)

すでにタックルの整備を終え、キャンプ道具などの車載も完了しスタンバイOK!

ところで明日一日、ジッとしていられるのだろうか・・・(笑)

葛根田川の様子

葛根田川の中流部に新しく橋が完成しました。名前は舘篠橋です。

場所は玄武温泉から約500m下流で、葛根田川左岸の崖崩落の危険箇所を迂回する目的で作られた模様です。これまで左岸沿いに通行できていた県道ですが、今後、下流から上流に向かう場合には、舘篠橋と玄武大橋の2つの橋を渡ることになります。

さて、こちらは5月22日の葛根田川の様子です。
葛根田川の様子(5/22)
件の舘篠橋の上から撮影してみました。

見慣れた川が、ほんの少し新鮮に見えます(笑)。

雪代の影響で水力発電所の取水にもめげず川らしい姿を保っています。ご覧の通り水源の山々に残る雪も少ないので、水が落ち着く(本来の水無し区間になってしまう)のもまもなくでしょう。

※ご注意ください!
4/20に葛根田川上流(地熱発電所構内)で大規模な土砂崩れが発生しました。現場に通じる県道西山生保内線は、現在、玄武洞から先への立ち入りが禁止されています。

※追記(6/19)
6/20正午より通行止めの規制が解除されます。これにより玄武洞から滝之上温泉への通行が可能になりました。

シーバス釣行2008第2戦(男鹿半島)

先週の13・14日は、所用で仙台入り。

折りしも台風2号の通過で、天気は荒れ模様。仕事を続けながらも日本海の様子がずっと気になってました(笑)。

台風2号の進路が予報より大きく東にそれたので、日本海の波浪もそれ程ではなかったようですが、結局じっとしていられず、帰宅した翌日に様子を見に行ってしまいました。

到着直後の昼頃は、波2~3mといったところで、磯際は適度にサラシていました。しかし、前週より潮位がかなり下がっており、この時期の厄介物であるの存在感が前回よりも増していました。

といってさじを投げるのは早計で、案外とこの藻に魚が着いているので、見逃すこともできません。痛し痒しといった感じです(笑)。

この日はトップ系のミノーを中心に探索開始。というかレンジを下げたくても下げられません。

DUOのリップレススリムを選択し、スプラッシュを織り交ぜながら水面直下を漂わせていると、銀色の魚体がギランと反転。同時にドスンと乗りましたが、藻に入られないよう少々強引に浮かせたところで無念のフックアウト(悔しい!)。

その後、テンション上昇のまま(笑)、藻際を叩き続けましたが、結局、この日はボーズで終了!

春パターンの釣り方にまだまだ改善の余地ありです。また、タックルも買ったばかりのUC11を慣れるために持ち出しましたが、明らかに状況にはミスマッチ(笑)。

操作性に優れた9ftクラス、なおかつパワフル設計のロッドが必要だと感じました。

やはりUC88か?(でもメーカー在庫切れなんですよね・・・)

過去を振り返ると、2006年には「曲げて獲る」の新境地を体験し、ウエダのロッドを見直しましたが、最近はより「パワフルなロッド」に傾倒してます。
[ 2008/05/20 11:51 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(0)

シーバス釣行2008第1戦(男鹿半島)

GW後、一段落を期に男鹿へと車を走らせました。折りしも寒冷前線が通過したばかりで波は4~2.5mとの予報。

サクラマスを未だ釣っていないので、敵前逃亡のそしりを免れませんが、やや閉塞気味のサクラマス戦線からちょっと距離を置くのも得策かと考えました(笑)。

午後も遅くに現場に到着。

画像では案外いい感じに見えますが、実際はかなりウネリがきつく磯際に近づくのは困難でした。当然、他にアングラーは皆無で貸切状態。
今期初釣行
ここでは波しぶきの洗礼を受け、キャップが飛ばされました(苦笑)。もし、それが眼鏡だったらと考えるとぞっとします。今後、予備眼鏡は必携だと実感した次第です。

夕暮れ前に平磯へ移動。

こちらはこれでもかと言うほどが生い茂り、ルアーのトレースに難儀しました。運良く昨シーズンに見つけたフィーディングゾーンだけは藻がなく、ここをしつこく攻めて何とか初ゲット!
シーバス67cm(5/7)
大きなサラシの中でもシーバスが捕食しやすい場所とタイミングがあり、決まった場所でバイトしてくる傾向があります(もちろん例外も有り!)。

サイズは60cm台半ばのフッコサイズですが、初物、しかも波と藻に苦しんだ末の一本ですからにうれしさは倍増です。

今回はこの一本のみでしたが、特上の骨休みになりました(笑)

---ヒットデータ1---
シーバス:67cm
日時:5月7日 16時45
場所:秋田県男鹿半島地磯
ロッド:FCLLABO/UC11
リール:ダイワ/セルテート3500HDカスタム
ライン:ファイヤーライン25lb+フロロリーダー30lb
ヒットルアー:デュエル/アイルマグネットDB105(赤金)

※今回はおニューのロッドを使用しました。タックルインプレは後日UP予定です。
[ 2008/05/08 15:45 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(6)

サクラマス釣行2008第8戦(三陸沿岸河川)

GWがあけて一息ついています。

今年は春の訪れが特に早かったような気がします。近所の小岩井農場のサクラは例年ならGWにかけて、遅い年にはGWが明けてから見頃を迎えるのですが、今年はGW中にすっかり散ってしまいました。

さて、私が追っているサクラマスですが、こちらは依然、泣かず飛ばずのままで、シーズンも後半に入ろうとしています(苦笑)。

実はGW前の4月21~23日には、三陸沿岸河川に張り付いていました。期間前半は雨による増水が予想以上でまともに攻略できませんでしたが、最終日には増水の落ち際、つまりベストコンディションと思われるタイミングでした。

この時とばかりに攻め立てました(後半まで体力が持たなかったという話もあります)が、結果は無し・・・。

なんだかこのまま、6月の秋田解禁まで行っちゃいそうな雰囲気です。