FC2ブログ




男鹿磯巡業・2018

近年はオフショアのジギングにはまり切ってしまい、自身中心に位置づけていた磯のサラシゲームの回数は激減。岩手から宮城へ移り住んだことで距離的にかなり遠くなったことも一因だけれど、磯スズキへの思いは今も変わらない。

荒天で出船が見合わせとなった11月10日午後から11日の午前にかけて久しぶりにサラシゲームにトライしてきた。

---

午前の遅くに家を出たので現場に着いた頃には、だいぶ日が傾いていた。

久しぶりにサラッと平磯の様子でもみようかと鵜ノ崎に寄ってみると、台島周辺でなんと鳥山が立っている(笑)。 しかし、残念ながら先行者2名の姿が有る。しばし様子を見ていたが、移動する気配もなく粘っている。きっと何らかの反応があるのだろう(笑)

---

人のいないエリアにエントリーするも、平磯狙いにしては波高が高過ぎたので、早々に見切りをつけて高磯エリアに移動することに。車を西へ走らせつつ、要所要所をチェック。なんとなく気になるポイントに再エントリーする。

20181111d.jpg

画像では雰囲気がでないが、もろに風表になるエリアなので、波浪による波の上下が半端でない。

ここでヒットしても獲れないかもしれないと思いつつ、沖根の際のサラシポケットに打ち込んだミノーが足元から広がるサラシに入ろうとした瞬間にドスンと重量級のハードバイト!

寄波に乗せて一気にずり上げるしか勝機はなかったが、思い通りにいかず下へ下へと突っ込まれる。嫌な感触がした刹那、フッとラインテンションがなくなる。

あわよくばという甘い考えが全く通用せず、ラインブレイクという失態を犯してしまった。

20181111a.jpg

茫然自失で初日の釣りを終えることとなる・・・

日没後、先乗りしていた友人達と男鹿の道の駅OGAREで合流。

そのまま居酒屋に会議へGO!(笑)。

道の駅の開設によって男鹿の居心地が更にアップしている。

---

翌朝は友人達と共に夜明け前にポイントを目指してトレッキングを開始。

朝マズメの時間を前夜の会議(笑)で決めたポイントで迎える。

サラシはベストに近い。

スズキが着いていれば勝負は早いだろう。

まずはビギナーのN君からキャストを開始。立ち位置を変えながらベストのポイントに打ち込んでいるが、予想に反し反応が無い。

お次は相棒が譲ってくれたので僕の番。

N君が「巻きの釣り」をしていたので、横風を利用して巻かずにドリフトを意識。

サラシの中をウィンドドリフトさせると、すぐにドン!

---

会心の一発(笑)

20181111b.jpg

その後、トレッキングを続けるが、ヒットは続かない。

シャローポイントの小さいながらも流れの効いたポイントからようやく2尾目をゲット。

20181111c.jpg

ヒットルアーはどちらもタックルハウスのM148/アジ。

さほど飛距離も出ず、最近はあまり見かけないルアーになったけれども、ここぞという時の喰わせの力は侮れない。

ちなみに前日のラインブレイクの際のミノーは、自身定番のセットアッパー125S-D/ゴールドレインボー。

---

この2尾で今釣行は終了!

総じて、魚っけがなく、スズキの出かたもどことなくスレ気味と感じる中、前日のラインブレイクさえなければ一応満足の結果と言えるだろう。

久々に仲間との楽しい釣りが出来た

けれども正直言って、老体に鞭打っての釣りになってきている(苦笑)。

これから後、何年この釣りが楽しめるのだろう・・・
--フィッシングデータ---
日時:11月10・11日
場所:秋田県男鹿半島地磯
天候:曇り時々晴れ、水温:16℃
釣果:スズキ2尾(65cm、75cm)
●タックル1
FCLLABO/UC11(Max:70gタイプ)+ダイワ/セルテートハイパーカスタム4000H-PE
ライン:サンライン・キャストアウェイ2号
リーダー:サンライン/ナイロンリーダー40lb
●ヒットルアー:タックルハウス・M148/アジ(2尾)、ダイワ/ショアラインシャイナーZ 125S-DR(ゴールドレインボー)
[ 2018/12/11 18:40 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(5)

三陸ブリジギング(開幕・第2戦)

秋の恒例フィッシング、三陸のブリジギングが密やかにスタート(笑)

9月23日に開幕戦を迎え、少々間をおいた10月25日が第2戦だった。どちらもお世話になったのは、三陸崎浜港の広進丸さん。

開幕戦は、潮が全く動かず、船長もお手上げの激渋だった(苦笑)

20181025a.jpg

第2戦は昨年オフショアデビューした岩手の友人と同船。

持ち前の探求心と鋭い考察で、すでに初心者のレベルを越えた釣りを展開してくれる、僕の数少ないジギング仲間の一人である。

---

朝一は浅場のイナワラポイントで手堅くお土産をゲットした後に、サイズ狙いの大根へ移動。

案の定、移動後はヒットがなくなるが、出ればサイズが期待できるはずとジグの動きに集中する。

船長から回収の声が掛けられたタイミングで、ボトム付近をミドルピッチで刻んでいた僕のジグに待望のヒット。

サイズ感もまずまずで、沈黙を破るヒットに喜んだものの、水面付近でフックアウトしてしまう。

同船の方々の回収作業につられて浮上したワラサの「ごっつぁんヒット」だったように思える(笑)

20181025b.jpg

間もなく、キャストしたジグをボトム付近で横へ横へと動かしていた友人にナイズサイズがヒット。

MLクラスとおぼしきライト系ロッドが弧を描き、心地よいドラグ音が鳴り響く。

20181025f.jpg

この日、初めてタモ入れされた魚は、80㎝クラスの立派なワラサだった。

20181025c.jpg

しばし間をおいて僕にもヒット。

先のバラシもあったので、ガチガチのドラグを心持ち緩めて慎重にファイト(笑)

20181025e.jpg

メロウドとヒイカを胃の中にためていた70cmクラスのワラサ。

ヒットジグは、トップレンジのブリスタイルスピード200g(マジョーラシルバー)。

以前は、船中沈黙の時間帯には全く成す術がなかったが、昨年の終盤頃からボトムに張り付いてあるであう魚を誘い出すことができつつあるように感じている。

その精度を上げていけるかが今後の課題かな。

ブリへの挑戦はまだまだ続くのである。

※掲載の画像に、船長と友人に送っていただいた画像が含まれています。

---フィッシングデータ---
日時:9月23日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温19:℃、波:、風:-
釣果:イナワラ2
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラジグマンPE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:ネイチャーボーイズ/ウィングルライダー190g(オールグロー)


---フィッシングデータ---
日時:10月25日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:18-19℃、波:1.8-1.5、風:-
釣果:ワラサ1、イナダ4
●タックル1(ワラサ)
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8PE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
●タックル2(イナダ)
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ガリス・ウルトラジグマンPE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:ネイチャーボーイズ/ウィングルライダー190g(オールグロー)
●タックル3
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR581S-4+シマノ/11オシアジガー1500HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8PE3号
リーダー:サンライン/ナイロンリーダー60lb
ヒットジグ:ネイチャーボーイズ/ウィングルライダー190g(オールグロー)、トップレンジ/ブリスタイルスピード200g(マジョーラシルバー)
[ 2018/10/31 16:44 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

真鯛ジギング

例によって久々の更新になってしまいました。

前エントリーの渓流釣行を最後にトラウトフィッシングは一区切り。

オフショアフィッシングにチェンジし、3度真鯛ジギングに行っておりました。

以下、簡単ですが、ダイジェストです。

20180625a.jpg
by 男鹿丸(かつ丸)

ますは6月25日、友人二人と男鹿沖での真鯛ジギング。

この日はおなじみ男鹿丸を予約していたのですが、先方の都合で僚船に乗船することに。しかし、出船時刻になってもその僚船がやって来ず、あわてて代船を手配してもらうハプニング。

---

小鯛がポツポツという状況の中でしたが、なんとか友人が60UPサイズをゲットしてくれました。

何となく、朝のハプニングのせいか不完全燃焼で終わっった一日でした。

20180721b.jpg
by 黒ひげ

2度目は、7月21日の酒田沖黒ひげさんに乗船での単独釣行です。

砂地帯でスパンカーを投入し、ひたすらの潮流しスタイルでした。

砂地で貝や甲殻類を偏食するアフタースポーニングの真鯛狙いとの船長の言葉。ベイト付きの真鯛狙いではない状況で、僕以外はもちろんタイラバオンリー。

完全アウェイの雰囲気でした(笑)。

---

朝マズメにタイラバ組に連発があり、それ以降は単発ヒットが続く中、ジグの僕だけさっぱり。

ボトムで貝殻に夢中の鯛を如何に振り向かせるか、かなりプレッシャーがかかりましたが、潮止まりでタイラバのアタリが止まった途端に、ジグの僕にヒットが続きました。

おニューのロッド、ホライゾンLJ HLJ621B-FMLにも無事に入魂。

20180721c.jpg
by 黒ひげ

他にはホウボウ等々。

しかし、ようやく調子に乗って来たと思った頃にはストップフィッシング。

30℃超えの猛暑の中、我慢も限界との周囲の声で無念の早上がりです。

20180803aa.jpg
by 銀河IDATEN

3度目は、つい先日の8月3日。酒田沖の遊漁船 銀河IDATENさんに友人と乗船しました。

前日までは好調だったらしいのですが、この日は潮がゼロノット。おまけに無風でご覧の通り、酒田沖は湖のようなベタ凪。

結果的に本命真鯛は船中ゼロという厳しい日にぶち当たってしまいました(苦笑)。

ちなみに翌日は潮も動いて再び爆釣だったとか。

----

20180803c.jpg
by 銀河IDATEN

根回りでのアイナメとキジハタのダブルヒットがこの日のクライマックス(笑)

---

兎角アングラーは、釣れた日は自分の腕前に酔い、釣れない時は潮などフィールド状況のせいにしてしまいがちですが、どんな状況でもコンスタントに結果を出せるようになりたいものです。

この日は最後の最後まで友人と打開策を見つけることに懸命でしたが、解決には至りませんでした。

貧果ながらやり切った感が満載!

最後まで頑張ってくれた船長さんもお疲れのようでした。

20180803bb.jpg
by 銀河IDATEN

最後はおまけ画像。

日本海周辺が何かと騒がしい中、しっかりとお役目を果たしていただいているようです。
--フィッシングデータ---
日時:2018年6月25日 乗船時間9:00~16:00
場所:男鹿半島沖
釣船:北浦港「男鹿丸」(かつ丸)
天候:晴れ、水温:不明、波:1.5-1m、風:不明
釣果:小鯛3尾、アイナメ他
●タックル1
シマノ/ゲーム・タイプスローJ・B683+シマノ/オシアコンクエスト300HG
ライン::YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンWX8PE1.5号
リーダー:トヨフロン/スーパー船ハリス6.0号
●タックル2
トップレンジ/レンジスティック69Bti+シマノ/オシアカルカッタ300HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンWX8PE1.5号
リーダー:トヨフロン/スーパー船ハリス6.0号
●ヒットジグ:ダイワ/TGベイト120g(PHグリーンゴールド)、ディープライナー/スパイⅤ130g(NSゼブラ)、シマノ/スティンガーバタフライウィング135g(アカキンゼブラグロー)


--フィッシングデータ---
日時:2018年7月21日 乗船時間4:00~11:00
場所:酒田沖
釣船:酒田港「男ひげ」
天候:晴れ、水温:不明、波:0.5m、風:不明
釣果:真鯛3尾(56㎝~25㎝)、ホウボウ5尾
●タックル1
テンリュウ/ホライゾンLJ HLJ621B-FML+シマノ/オシアコンクエスト300HG
ライン::YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンWX8PE1.5号
リーダー:トヨフロン/スーパー船ハリス5.0号
●タックル2
テンリュウ/ホライゾンLJ HLJ631B-FL+シマノ/オシアカルカッタ300HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンWX8PE1.5号
リーダー:トヨフロン/スーパー船ハリス5.0号
●ヒットジグ:ダイワ/TGベイト100g(PHグリーンゴールド・アカキン)、ボーズレス/トウキチロウ80g(グリーンゴールド)


--フィッシングデータ---
日時:2018年8月3日 乗船時間5:00~14:00
場所:酒田沖
釣船:酒田港「銀河IDATEN」
天候:晴れ、水温:不明、波:0.2m、風:不明
釣果:ホウボウ、カサゴ、アイナメ、キジハタ、エソ各1尾
●タックル1
テンリュウ/ホライゾンLJ HLJ621B-FML+シマノ/オシアコンクエスト300HG
ライン::YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンWX8PE1.5号
リーダー:トヨフロン/スーパー船ハリス5.0号
●タックル2
テンリュウ/ホライゾンLJ HLJ631B-FL+シマノ/オシアカルカッタ300HG
ライン:バークレイ/カラードファイヤーライン1.2号
リーダー:トヨフロン/スーパー船ハリス5.0号
●ヒットジグ:ダイワ/TGベイト100g(PHグリーンゴールド・アカキン)、ボーズレス/トウキチロウ80g(グリーンゴールド)
[ 2018/08/08 15:55 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

三陸の寒鰤狙い(2017オフショア・その7)

12月1日、再び広進丸に乗船し三陸にて寒鰤を狙っていました。

この時期は能代沖に出た方が数・サイズとも期待できる気もしますが、9月から通っていた三陸沖12月の様子もこの目で確かめたいという気持ちが強く、同じ思いの友人とのトライです。

---

一流し目から反応があった前回11月13日とは違って、しばし沈黙の時間が続きます。僕が乗船する時はいつもこんな感じで、振り返ると今シーズンは朝マズメのお祭り騒ぎは皆無だったように思います。

居るのに活性が低くて喰わないのか、そもそもそこにブリは居ないのか・・・真相は分かりませんが、居ると信じて自分の釣りに集中するのみ。

むろん良い群れが入ってくればバタバタと釣れるのかもしれませんが、往々にして中・小型が先に反応し大型のヒットのさまたげになるような気がします。したがって最近はむしろこの釣れない時間帯の方が集中できます。

ボトムレンジに潜むブリをなんとか振り向かせる、そんな気持ちで出来るだけ丁寧にシャクリ続けます。

20171201a.jpg

果たして、先に沈黙を打ち破ったのは、友人でした。

この秋にオフショアデビューしたばかりで、この低活性の中での結果はお見事です。

---

20171201b.jpg

しばし、間をおいて僕にもヒット。

5㎏オーバーの魚だったと思いますが、ファイト中にフックアウト。

貴重なバイトだっただけに船長には怒られました(笑)。

まぁ、仕方が無いとあきらめて、自分の釣りに再び集中です。

その後も何度かショートバイトがあるものの、なかなかヒットにいたりません。魚探を注視していた船長が「チェイスしてるけど追いが悪いね」と耳打ちしてくれます。

---

どうやら居るのに口を使わない状況が真実のようです。

以前の自分ならあきらめていたかもしれませんが、この日は不思議と胸が躍りました。

どんなジャンルの釣りでもこういった状況が一番面白いと思います。やっとジギングでもそんな心持ちになれるようになったのかもしれません。

少しずつではあるけれど魚には確実に近づいていると感じていました。

---

さて、その後も沈黙の時間が続きます。

ベイトのスロージャークの人達はノーバイト、スピニングのハイピッチジャークも船中1匹の状況下。

フォールでも上への誘いでも喰わないのなら、前回にヒントを得たアクションを押し通すのみです。

着底からずぐにブリスタイル200gを横に飛ばすイメージで入力し、ラインを張らず緩めずで横への移動を極力長く保つように心がけます。

しばし、このイメージで集中していると突然、それはやってきました。

いきなりドンッ!とロッドが持っていかれ、追い合わせを入れようにもロッドを保持するのに精一杯。何とかグリップを引き起こしリーリングしようとしたところで、今度はガチガチのドラグからラインが猛烈に引き出されました。ボトムからほとんど距離の無いレンジでのヒットでしたからマズイと思った瞬間、無情のフックアウト。

と同時に周囲で「あ゛~!」という悲鳴が起こりました(笑)

---

結果的にはそれが最大のドラマで終了。僕はノーフィッシュでした。

船長はコンタクトがあっただけマシだよと慰めてくれましたが、まだ何かが足りないからバイトが浅かったのでしょう。まだまだ未熟なことを思い知らされしました。

最後に「逃がした魚は“かなり”デカかった」とだけ書かせてください(笑)
---フィッシングデータ---
日時:12月1日 乗船時間6:00~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:12℃、波:1m、風:-
釣果:なし
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラジグマンPE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
[ 2017/12/07 17:51 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

数は出たけど(2017オフショア・その6)

例によってタイムラグが大きいブログです。記憶が曖昧にならないうちにアップしたいのですが・・・(笑)

今月13日は、今期5度目の越喜来沖青物ジギングにトライしておりました。

実をいうと秋田の友人に誘われて能代沖に出る予定もありましたが、3度の予約が全て悪天候で中止になっていました。三陸も能代もそれぞれの楽しみ方がありますが、晩秋の出船率の高さは太平洋側にあきらかに分がありますね。

---

お世話になったのは、いつもの広進丸さん。

開始早々、一流し目からヒットがありましたが、65㎝前後のイナワラでした。この時期にしては小さいサイズ。とりあえず一尾目ということもありキープして、次をねらいます。

しかし、その後が続かず、沈黙の時間帯が長く続きます。

船長も「反応が上ずらないから、厳しいね!」と一言(苦笑)

20171113a.jpg

そんな活性の低い状況で、なにやら重量感のあるサイズをヒットさせた釣友。

ブリクラスでも1㎜足りともラインを出さないガチンコ勝負師が何やら苦労しています。

20171113b.jpg

しばしの格闘の末、水面に現れたのは300gのスイムライダーが小さく見える特大のヒラメ(笑)

広進丸のレコードに迫る迫力のサイズでした。

前回のシャークアタックに続き、特大ヒラメをゲットするあたりは、流石に持ってますね(笑)

20171113c.jpg

一方の僕は、2~4kgサイズがボチボチと釣れ続きますが、サイズが伸びません。とは言え、活性が低い日の反応は素直にうれしいもの。何をやってもオーライの時とはまた別物です。この日は上へ上への誘いでは反応がなく、ボトムから15mまでのレンジをジグに横に飛ばすイメージで入力し、糸ふけを張らず緩めずの意識でヒットが続きました。

今期、活性の低い日に乗船することが多く、底べったりで動かない青物を何とか振り向かせるための引き出しは徐々に増えてはいるようです。サイズは伸びませんでしたが、終わってみれば今期2度目のトップになっていたのではないでしょうか・・・

何となく手応えを感じた一日になりました。
---フィッシングデータ---
日時:11月13日 乗船時間6:00~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:14℃、波:1m、風:-
釣果:ワラサ(65-78)8尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラジグマンPE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイル250g(オールシルバー)
[ 2017/11/25 18:43 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)