FC2ブログ




満開の季節(2019サクラマス・その2)

宮城県仙南地域は桜満開のシーズンを迎え、行く先々で見事に咲き誇った桜を目します。

地元河川の土手の桜も満開です。

となると狙うは、もちろん地元サクラマス。

市街地から程近く、岸部は護岸に囲われた、魅力的とは言えないフィールドですが、例年、この時期にサクラマスに出会うことができているので、このタイミングは外せません。※関連エントリー>>>春到来!

が、しかし、職場で流行っている風邪をもらってしまい、体調は最悪な状況(苦笑)

20190416b.jpg

昼過ぎに現場に到着する重役出勤。しかも、すぐに釣りを開始できずにシートを倒して、いきなりの休憩(笑)

釣りを開始したのは14時近く。

最盛期にもかかわらず、もう誰もいません(笑)

---

急用で一流ししかできないという息子と合流。

先行で足早に釣り下って行ったその息子が帰り際に、ワンバイトあったと告げていきました。

どうやら魚は入っているようですが、ピーカンかつ渇水気味の状況で活性は低めの様子。

満潮からの下げのタイミングにもかかわらず流れがほとんど効いていないので、ミノーイングでリアクションバイトを誘いことにします。

3キャスト1ステップダウンで、ゆっくりと釣り下っていると、トゥイッチさせていた2/3ディープがゴンッと抑え込まれました。

20190416a.jpg

今期1尾目の宮城サクラです。

すでに川に入ってから時間が経った夏サクラのような魚でした。

雪代による増水がほとんどなかったので、早々に川に入ったにもかかわらず、手間取っているのかもしれません。

無事に上流までたどり着けることを願いつつ、そっとリリース。

恵まれたフィールドに感謝です。




---フィッシングデータ---
日時:3月16日14:00~16:30
場所:宮城県内河川
天候:晴れ
釣果:サクラマス1尾(56cm)
●タックル
気温:17℃、水温:-℃
釣果:サクラマス56㎝
ロッド:M&Nコーポレーション/TS-806MN-HTZ
リール:ダイワ/15ルビアス2510PE-H
ライン:バークレイ/スーパーファイヤーライン1.2号+バリバス/シーバスショックリーダーフロロ20lb
ヒットルアー:バスディ/シュガー2/3ディープSG92F(クロギンOB)
[ 2019/04/18 08:50 ] Freshwater サクラマス | TB(-) | CM(0)

暴れん坊将軍(2019サクラマス・その1)

相変わらず公私共々忙しく、写真どころか釣りさえもままならない日々を送っておりました。

久々の更新になりましたことをお許しください。

---

そんな日々でしたが、自分の釣り環境においては、ささやかながらうれしい出来事がありました。

念願だった山形県内水面の共通遊漁承認証を入手できる運びとなったのです。この共通承認証は毎年の発行枚数が限定されているため、更新辞退者がいないかぎり新規購入者には回らず、その数少ない辞退者枠を巡って毎年抽選が行われています。それは新規参入者にとっては高嶺の花。宮城に越してから応募していましたが、ようやく当選しました。料金値上げの影響で辞退された方が多かったのかもしれませんが、単協の年券を買い揃えるよりずっと安価となるので、個人的にはラッキーな出来事でした。

---

だからという訳ではありませんが(実際、新規購入者の有効日は4月1日からなので、3月一杯は日釣り券が必要です)、自身の本格解禁釣行は山形の大本流で迎えてきました。

20190306d.jpg

3月5日当日は、とても穏やかな一日でした。風向きは、午前中東よりの風が吹き、午後から西よりの海風に変わるパターン。春らしい強風は終日吹くことなく、穏やかな釣り日和。本命の場所にもうまいこと入ることも出来て、上々の滑り出し。

---

そして、釣り開始から数投で結果が(笑)

20190306a.jpg

大本流の流心めがけて遠投したシュガーミノー2/3ディープ85Fが水を噛んで、アクションを始めると「モワン」と抑え込むようなバイト。

11月以来の魚の感触です(笑)

すんなり足元まで寄ってくるのでアメマスではなかろうかと疑いましたが、本命サクラマス。

サイズは50cm程度の小サクラちゃんとはいえ、うれしい一尾に変わりはありません。

20190306c.jpg

この展開に状況が良さそうだと判断し、これまで実績のないポイントを2か所見て回りますが、そう簡単には話は進みません。

実績がある場所だと、手の限りを尽くしますが、逆のパターンだとついつい諦めも早くなり・・・

結局、遅い昼食をとってから朝一のポイントに戻るも、ルアーアングラーの姿があります。

一流し終えれば、移動してくれるだろうと読んで、ドライバーズシートを倒すと一時間以上も爆睡してしまいました(笑)

---

さてさて、そんなこんなで朝一のポイントに再エントリー。

今後はスプーンをチョイス。沖目から足元までウェイト、レンジ、トレースコースを変えつつ丹念に流しますが、一向に反応がありません。

西日が傾き川面がまぶしくなって来た頃に、再びミノーにチェンジ。

足元から4-5m先の石組みの段差に2/3ディープが近づいたところで、横から縦へアクションを変化させると、突然「ムンムン」とロッドティップが抑え込まれ、ドラグから逆転音が鳴り響きました。

沖目に走るラインの先で、2度ほどジャンプ!

流れに乗って下流に走ったかと思うと、突然、上流に向って方向転換!

鱒ジギングであるテンションフリーになり、冷っとしましたが、テンションを取り戻すと、今度は段差の脇に張り付いてしまいました。

無理せず張らず緩めずで一定のテンションを保っていると、うまいこと浮上してくれて、最後にもう一発ジャンプ(笑)

20190306b.jpg

都合3度もジャンプをみせてくれた暴れん坊は、板鱒サイズではありませんでしたが61cmの筋肉ファイターでした。

20190306e.jpg

夕映えの川面に飛び出したサクラマスのシルエットが脳裏に焼き付いています。

今期の日本海側の河川は、状況が良さそうなので今後も期待が持てそうですね。

---フィッシングデータ---
日時:3月5日9:30~17:00
場所:最上川
天候:晴れ
釣果:サクラマス2尾(50cm、61cm)
●タックル
UFM/CPS-832FX-Ti(Kガイド)+ダイワ/10セルテート2500R
ライン:バークレイ/スーパーファイヤーライン1.2号+バリバス/シーバスショックリーダーフロロ20lb
ヒットルアー:バスディ/シュガーミノー2/3ディープ85F(アカキン)
[ 2019/03/09 21:10 ] Freshwater サクラマス | TB(-) | CM(4)

新たなフィールド

前エントリーから2週間後、地元で運良く2尾目をゲットしましたが、護岸のスロープにサクラを横たえていたら、撮影前に遁走されちゃいました。画像がないので、ノーカウントです(笑)

サクラマスは、願わくば護岸ポイントじゃなく河原で釣りたいですね。

---

さて、GWが終わり、個人的にはサクラマス釣りが一番楽しい季節になりましたが、今シーズンは諸事情から時間的余裕がなく、秋田への遠征が厳しい情勢です。

新緑の頃のグレイシャスブルーの流れでの釣りは、自分にとっては欠かせないテーマの一つですが、まぁ仕方がありません。

こんな時は他の川に目を向けるチャンスと割り切って、比較的近場の河川を探索することにしました。

20180506a.jpg

まず、最初に訪れたのはこちら。約2時間で行けるので近場のうちです(笑)

今回は中・上流の瀬絡みのポイントを探索してきました。

玉川のような押しの強い瀬が少なく、トロ瀬や淵が多い川でした。すでに代掻きの影響か笹濁り気味。しかも、仲間内から聞かされていましたが、マッディな川底です。

----

気に入ったポイントはまだ数か所しか見つけられていませんが、少しずつ鱒との距離を縮めていけたら良いですね。

20180507b.jpg

こちらは番外編。

釣りを切り上げてから訪れた「羽根沢温泉」の共同浴場です。

腰を曲げてダブル杖で歩くおばあさんに、道をたずねた際に仙台から来たことを告げると「わざわざ!?」と、えらく驚かれたのですが、その訳は入ってみてすぐに分かりました。

入浴料は200円。番頭さんはもちろん不在というかそもそも存在しないらしく、お金は缶にセルフで投入。石鹸とシャンプーは持参スタイル。それはあり得るけど、問題は洗い場がなく、水の蛇口がポツリと一つ・・・

お湯は良かったけれど、なかなか強烈な空間でした(笑)

温泉開拓も今後のテーマにしましょうかね・・・

20180507a.jpg
[ 2018/05/07 18:21 ] Freshwater サクラマス | TB(-) | CM(0)

春到来!

仙台のソメイヨシノが満開と報じられた日、甲子園の大阪桐蔭VS智弁和歌山の決勝を見終えてから、地元の河川にちょこっと出撃。

折しも小雨混じりの曇天。

予想通りアングラーが少なく、おのずとモチベーションが上がります(笑)


20180411b.jpg

あたりの景色も春らしくなってきました。

20180411a.jpg

今期発売されたばかりのシュガーミノーSG95Fブーストで、まずは一流し。

シュガーミノー95は、僕が人生初のサクラマスを手にした時の思い出のミノー(実際はFじゃなくSP)。廃盤になって久しいけれど、高比重タングステンをまとってリニューアル。距離ではリッジ90Sに若干劣るがロッド操作への反応は軽快で気持ちがいい。

今シーズンの一軍入りが早々と決定(笑)

一流し目は反応無し。

---

上げ潮が絡む水勢から判断し、ブルックスプーンのレインボーRB8.3gにチェンジして再エントリー。

8.3gは今期ラインナップに加わったばかりのニューブランク。お気に入りの6.8gと同フォルムながらブランクを肉厚にしてウェイト増。増量により飛距離UPはもちろん、ドリフト時の浮きあがりの抑制が期待できます。

アップ気味にキャストし、流し込みたいレンジにスプーンを到達させたらドリフトを開始。手元に伝わるスプーンのウォブリングの強弱を感じ取り、ロッドティップの位置で一定のラインテンションをキープ。「浮かず沈まず」流れていること意識しつつ流心をまたいでドリフト&ターン。

操作方法は、ほぼウェットフライフィッシングと言って良いでしょう。

20180404jpg.jpg

スプーンに換えてから2投目。

いい感じで流せているな思った瞬間、待望の鱒からの反応。

おろしたてのロッドにもめでたく入魂完了です。
---ヒットデータ---
日時:4月4日
場所:宮城県内河川
天候:曇時々雨
気温:10℃、水温:-℃
釣果:サクラマス56㎝
ロッド:M&Nコーポレーション/TS-806MN-HTZ
リール:ダイワ/15ルビアス2510PE-H
ライン:バークレイ/スーパーファイヤーライン1.2号+バリバス/シーバスショックリーダーフロロ20lb
ヒットルアー:ブルックスプーン8.3g(レインボーレッドベリー)
[ 2018/04/12 07:53 ] Freshwater サクラマス | TB(-) | CM(4)

久方ぶりの渓流

20150914a.jpg


20150914b.jpg


20150914c.jpg

先週はふと思い立って宮城の渓流を歩いてきました。

約2年振りでしょうか・・・(苦笑)

久しぶりの釣りは、忘れ物が多く、ランディングネットや虫よけ等の必須アイテムを忘れる始末!

美形ヤマメに撮影寸前で遁走されたり、やぶ蚊の猛攻にあったり、挙句の果てには渡渉中に転倒したりとすっかり締りの無い釣りになってしまいましたが、川歩きそのものははやり気持ちの良いものです。

9月も残すところあと僅か。ヤマメの画像が欲しいのでラストチャンスにけてみようかな・・・
[ 2017/09/19 22:16 ] Freshwater トラウト | TB(-) | CM(0)