三陸の寒鰤狙い(2017オフショア・その7)

12月1日、再び広進丸に乗船し三陸にて寒鰤を狙っていました。

この時期は能代沖に出た方が数・サイズとも期待できる気もしますが、9月から通っていた三陸沖12月の様子もこの目で確かめたいという気持ちが強く、同じ思いの友人とのトライです。

---

一流し目から反応があった前回11月13日とは違って、しばし沈黙の時間が続きます。僕が乗船する時はいつもこんな感じで、振り返ると今シーズンは朝マズメのお祭り騒ぎは皆無だったように思います。

居るのに活性が低くて喰わないのか、そもそもそこにブリは居ないのか・・・真相は分かりませんが、居ると信じて自分の釣りに集中するのみ。

むろん良い群れが入ってくればバタバタと釣れるのかもしれませんが、往々にして中・小型が先に反応し大型のヒットのさまたげになるような気がします。したがって最近はむしろこの釣れない時間帯の方が集中できます。

ボトムレンジに潜むブリをなんとか振り向かせる、そんな気持ちで出来るだけ丁寧にシャクリ続けます。

20171201a.jpg

果たして、先に沈黙を打ち破ったのは、友人でした。

この秋にオフショアデビューしたばかりで、この低活性の中での結果はお見事です。

---

20171201b.jpg

しばし、間をおいて僕にもヒット。

5㎏オーバーの魚だったと思いますが、ファイト中にフックアウト。

貴重なバイトだっただけに船長には怒られました(笑)。

まぁ、仕方が無いとあきらめて、自分の釣りに再び集中です。

その後も何度かショートバイトがあるものの、なかなかヒットにいたりません。魚探を注視していた船長が「チェイスしてるけど追いが悪いね」と耳打ちしてくれます。

---

どうやら居るのに口を使わない状況が真実のようです。

以前の自分ならあきらめていたかもしれませんが、この日は不思議と胸が躍りました。

どんなジャンルの釣りでもこういった状況が一番面白いと思います。やっとジギングでもそんな心持ちになれるようになったのかもしれません。

少しずつではあるけれど魚には確実に近づいていると感じていました。

---

さて、その後も沈黙の時間が続きます。

ベイトのスロージャークの人達はノーバイト、スピニングのハイピッチジャークも船中1匹の状況下。

フォールでも上への誘いでも喰わないのなら、前回にヒントを得たアクションを押し通すのみです。

着底からずぐにブリスタイル200gを横に飛ばすイメージで入力し、ラインを張らず緩めずで横への移動を極力長く保つように心がけます。

しばし、このイメージで集中していると突然、それはやってきました。

いきなりドンッ!とロッドが持っていかれ、追い合わせを入れようにもロッドを保持するのに精一杯。何とかグリップを引き起こしリーリングしようとしたところで、今度はガチガチのドラグからラインが猛烈に引き出されました。ボトムからほとんど距離の無いレンジでのヒットでしたからマズイと思った瞬間、無情のフックアウト。

と同時に周囲で「あ゛~!」という悲鳴が起こりました(笑)

---

結果的にはそれが最大のドラマで終了。僕はノーフィッシュでした。

船長はコンタクトがあっただけマシだよと慰めてくれましたが、まだ何かが足りないからバイトが浅かったのでしょう。まだまだ未熟なことを思い知らされしました。

最後に「逃がした魚は“かなり”デカかった」とだけ書かせてください(笑)
---フィッシングデータ---
日時:12月1日 乗船時間6:00~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:12℃、波:1m、風:-
釣果:なし
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラジグマンPE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
[ 2017/12/07 17:51 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

数は出たけど(2017オフショア・その6)

例によってタイムラグが大きいブログです。記憶が曖昧にならないうちにアップしたいのですが・・・(笑)

今月13日は、今期5度目の越喜来沖青物ジギングにトライしておりました。

実をいうと秋田の友人に誘われて能代沖に出る予定もありましたが、3度の予約が全て悪天候で中止になっていました。三陸も能代もそれぞれの楽しみ方がありますが、晩秋の出船率の高さは太平洋側にあきらかに分がありますね。

---

お世話になったのは、いつもの広進丸さん。

開始早々、一流し目からヒットがありましたが、65㎝前後のイナワラでした。この時期にしては小さいサイズ。とりあえず一尾目ということもありキープして、次をねらいます。

しかし、その後が続かず、沈黙の時間帯が長く続きます。

船長も「反応が上ずらないから、厳しいね!」と一言(苦笑)

20171113a.jpg

そんな活性の低い状況で、なにやら重量感のあるサイズをヒットさせた釣友。

ブリクラスでも1㎜足りともラインを出さないガチンコ勝負師が何やら苦労しています。

20171113b.jpg

しばしの格闘の末、水面に現れたのは300gのスイムライダーが小さく見える特大のヒラメ(笑)

広進丸のレコードに迫る迫力のサイズでした。

前回のシャークアタックに続き、特大ヒラメをゲットするあたりは、流石に持ってますね(笑)

20171113c.jpg

一方の僕は、2~4kgサイズがボチボチと釣れ続きますが、サイズが伸びません。とは言え、活性が低い日の反応は素直にうれしいもの。何をやってもオーライの時とはまた別物です。この日は上へ上への誘いでは反応がなく、ボトムから15mまでのレンジをジグに横に飛ばすイメージで入力し、糸ふけを張らず緩めずの意識でヒットが続きました。

今期、活性の低い日に乗船することが多く、底べったりで動かない青物を何とか振り向かせるための引き出しは徐々に増えてはいるようです。サイズは伸びませんでしたが、終わってみれば今期2度目のトップになっていたのではないでしょうか・・・

何となく手応えを感じた一日になりました。
---フィッシングデータ---
日時:11月13日 乗船時間6:00~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:14℃、波:1m、風:-
釣果:ワラサ(65-78)8尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラジグマンPE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイル250g(オールシルバー)
[ 2017/11/25 18:43 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

シャークアタック!(2017オフショア・その5)

オフショアやらショアに出向いておりましたが、スケジュールがタイトでブログアップが滞っていました。

---

前回のジギング強化週間から2週間後、広進丸にて三陸沖へ。折しも台風通過後とあって期待感は十分でした(笑)

20171101a.jpg

船長が向かうのは、沖の大根周辺と更にその沖の根。

いつもより移動時間は長いですが、数よりサイズを期待する我々のモチベーションも上昇します。

20171101b.jpg

偶然に同船した釣友。示し合わせなくとも考えは同じようです(笑)

とても真似出来ませんが、300gの鉄ジグ縛りという漢のスタイルで見ているこちらが惚れ惚れするような釣りっぷり!

20171101c.jpg

そんな中、ネットイン直前だった彼のワラサを船影から突如として現れた鮫が急襲。

3-4mはあろうかという鮫がワラサにガシガシとかぶりつくシーンを目の当たりにしました(笑)

その後、同船のアングラー二人もジグごと犠牲になっていたようです

---

そもそもこの騒動の前に船長からのトラブル回避のためドラグ設定はきつめにという指示が出てましたが、そんな心配はご無用のドラグはほぼロック状態で80㎝位のワラサでは1㎜たりともラインを出さないガチンコ勝負を挑んでいました。

更に鮫に襲われないような高速ファイトというかワラサ回収が必要となり、ヒットの度に大仕事!

最終的に80㎝クラスじゃ「ちっちぇ~な」と言葉を発するよう感覚が麻痺した世界に二人とも突入していったのでした(笑)

シーズンも残すところあと僅か。満足の1尾を目指してまだまだ挑戦は続くのです。


--フィッシングデータ---
日時:11月1日 乗船時間6:00~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:15℃、波:1m、風:南
釣果:ワラサ(65-83)4尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラジグマンPE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイル200g.250g(アワビ風オールブラック)
[ 2017/11/12 08:27 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

ジギング強化週間(2017オフショア・その3と4)

10月後半は、2週連続で越喜来沖のブリを狙っていました(笑)

この時期はやや深いレンジに落ちたブリ狙いに切り替わり、船長はいつものよりも港から遠いポイント(根)へ船を走らせ集中的に攻めてくれます。僕も10㎏オーバーに手が届くのではないかと勝手に妄想してます。

20171013b.jpg

この日はサクラマス・磯スズキで行動を共にしてきた友人のオフショアデビューの日でもありました。

---

アカデミックな仕事にかかわる彼は、さすがに事前準備とイメトレを怠りなく、難なくデビューを果たしご覧の通り(笑)

前半こそジグを動かし切れていないなという印象でしたが、後半にはしっかりとアジャストし、スピンライダーショートとウイグルライダーで良型を連発。すっかり鈴木斉氏になりきっていました(笑)

20171013c.jpg

今週は単独で予約を入れたそうで、また一人、オフショア仲間の輪が広がりました。

輪といえば、僕の三陸デビュー戦で、散々だった僕の傍らで爆釣していたアングラーとも、その後、何度かお会いしている内にブリへの熱い想いで共感。連絡を取り合ってこの日の釣行を実現させたのです。

中深海の釣りを志向し、ジギングにおいてもロングジグハイピッチを貫き通す姿は、20代半ばにもかかわらず、すでに風格さえ(笑)

オフショア歴の浅い僕が言うのも何ですが、これからが楽しみな好漢です。

---

20171013f.jpg

6日後、その彼と再びブリに挑戦しました(笑)

が、この日は底潮がはしらず、ベイトの姿も皆無。

青物達の活性も著しく低く、底べったりで動かず。

こんな日はスピニングのハイピッチでは分が悪いと承知の上で、二人でハイピッチを押し通しました。

釣果を優先すると決して得策とはいえませんが、それよりも自分の好きなスタイルでブリを狙いたいという思いは二人とも共通なのです。

---

結局、貧果に終わりましたが、ハイピッチで押し切る体力だけは身に付いたようで、これはこれで大きな収穫です。11・12月の寒ブリ狙いには光明です。

そういえば、春から悩まされていた五十肩もだいぶ症状が和らいできたような気がします・・・(笑)

20171019a.jpg


---フィッシングデータ---
日時:10月13日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:雨のち曇り、水温:18℃、波:1m、風:不明
釣果:ワラサ計4尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ4500
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
FCLLABO/FCB63Jig+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●ヒットジグ:シーファルコン・Zスライドジグ180g (ピンクイワシ)、ネイチャーボーイズ・スイムライダーショート175g(アルミシルバー)

---フィッシングデータ---
日時:10月19日 乗船時間5:30~13:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:17℃、波:1m、風:南
釣果:ワラサ、イナワラ計2尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ4500
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイル200g(アワビ風オールブラック)、ネイチャーボーイズ・スイムライダーショート205g(グローヘッド)
[ 2017/10/22 18:10 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

8度目の挑戦にて(2017オフショア・その2)

今回は越喜来沖へブリ狙いのジギングに行っておりました。

昨年9月に参加した上州屋カップ以来ですから、ちょうど一年振りの挑戦です。その際は3kgのイナワラが3本と少々寂しい結果でしたが、今度は台風通過後の一発目の出船とあって期待は十分(笑)

20170921d.jpg

---(以下、釣行記)---

乗船した船は信頼の広進丸さん。5時30分、定刻通りに崎浜港を出船。

一か所目は首崎方面の水深約50-60mの浅場からスタート。

しばし反応がなく脚崎付近に移動。ここで同船の方にワラサがヒット。僕もとりあえず1尾をゲット。

ここから更に沖にでて水深は90-100mラインに。底潮が効いていてイイ感じ。

ジグをスイムライダー180gからブリスタイル200gにチェンジ。12月の象潟沖で手ごたえを得た信頼のジグだ。

ボトム付近に良型がいると信じ、ボトムから15mまでのレンジをややテンポの遅いワンピッチでねちっこくジャークを続けていると約10mレンジでフッとラインテンションが無くなる。

過去の食い上げバイトは良型ばかり。

自然に反応ができて合わせを入れるとズドンとストライク!

その重量感は、これは「ブリでしょ」レベル(笑)

10mほど巻き上げたところで、向こうの反撃が始まり下へ下へとドラグ3kg設定のラインが強烈に引き出される。

その様子を見て、船長が「止めなきゃ根ズレするよ」と心配してくれるが、簡単には止められない。

「かなりデカいよ」と言いたいのぐっとをこらえる(苦笑)

「8の字書いて上を向けて」の適切なアドバイスに、おもわずパパ大津留氏の姿が脳裏に浮かぶ・・・

にわか仕込みの「なんちゃって8の字」を試みながら、なんとかボトムの攻防を制す。

船底での最後の抵抗をかわし、無事ネットインしたのがこちら。

20170921b.jpg

船長は「アレっ、これはデカい」と、はやりヒットサイズをもう少し下に見たてていた様子(笑)

---

船長の慎重な検量の結果、94㎝9㎏。

いや~2012年の屈辱の初挑戦から6年目でようやく三陸のブリを手にすることができた。

ほぼ年一ペースで「8度目の正直」。

20170921c.jpg

というわけで、開始2時間後にブリをゲット。

その後、強烈な2枚潮を避けて移動した浅場でイナワラ~ワラサを5尾追加して終了。

---

余談だが、件の初挑戦時、音無しだった僕の傍らで次々にブリ・ワラサを上げていた方と一緒になった。実はこれで3度目(笑)。

初めて会った時は、腕の差を痛感したが、今回は同等以上の結果を得られた。

ブリはもちろんうれしいがそれ以上に腕の差が縮まっていたことの方が実はうれしかった。

koushinmaru07.jpg

この画像は、船長からの贈り物(笑)
ありがとう船長!

---フィッシングデータ---
日時:9月21日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温:18℃、波:1~1.5m、風:西
釣果:ブリ94㎝9㎏、ワラサ・イナワラ計7尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ4500
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/船ハリスフロロ14号
●タックル2
FCLLABO/FCB63Jig+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/船ハリスフロロ14号
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイル200g(アワビ風オールブラック)、激投ジグハイパー200g(ピンクグロー)、シーファルコン・Zスライドジグ180g (ピンクイワシ)

※関連エントリー
単独で出稽古
2015年最終釣行にて
[ 2017/09/24 22:03 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)