何か変!(2017スズキ・その1)

実釣とブログ更新のタイムラグがなかなか縮まらないのですが、10・11月は僕にとっては4・5月に匹敵するハイシーズン。休みのたびにフィールドに出ております(笑)

20171108a.jpg

今月8・9日の二日間は、久々に男鹿の磯を歩いてきました。

到着直後は2.5mほどの波高で外洋に面するポイントは、ご覧の通りなかなか厳しい状況。

20171108b.jpg

それでも風裏やワンド奥を狙いながら、いつものようにロングトレッキング。

午前の部に1箇所、午後の部に1箇所とロングコースに踏み入りましたが、ここぞというポイントで反応は皆無。ベイトの姿もありません。

何だか変だなぁ、という印象を持ちつつとにかく脚を進めます・・・

20171108c.jpg

午後コースの最後の最後の小さなポイントで、ようやく1尾をゲット。

しかし、サイズもコンディションもイマイチ感が満載です(苦笑)

友人に聞いてはいましたが、ベイトっ気がなく痩せているという話は本当でした。

---

この小さなポイントで同じようなサイズがその後も連発し。3ヒット2ゲットでこの日は終了!

20171108d.jpg

ここぞという場所では反応がなく、竿抜けのような小さなポイントでヒットする状況は、人の多い渓流で釣りをしているようでした。

単にベイトが絡んでいないだけなのか、磯着きのスズキに何か変化が起きているのか、たった一度の釣行では判断できないのですが、「何か変だぞ」という印象は強くなるばかりです。

20171108f.jpg

翌日午前は合流した釣友と第3のロングコースを踏破。

友人が痩せてはいましたが、アベレージサイズをゲット。

---

僕にも一応ドラマはありました。

高磯から沖へと続くシモリの上を通過させていたミノーを、急浮上した真っ黒い魚体がパクリ。

待望のランカーサイズの出現に追い合わせを何発か入れたところで、突然のフックオフ。

「何で!?」という思いで回収したミノーを見ると、セットアッパーのベリーフックがリングごと無くなっていました。

セットアッパーのもともとのフックは♯6なので磯で使うには貧弱です。箱から出す際に♯4~3に換装するのですが、リングはサイズを上げずにデフォルトの♯3のまま使用していました。フックと一緒にリングもサイズアップすべきところを、その手間を怠ったミスで千載一隅のチャンスを逃してしまいました・・・。

話変わって、セットアッパーの飛距離と泳ぎは申し分なく愛用していますが、3本フック仕様であることが唯一最大の不満です。2フックなら更にフックサイズをあげられるのに・・・。次回はとりあえず中間フックを外してみますかね。

20171108g.jpg

晩秋の山をトレッキングじゃなく、磯釣りです(笑)

初日の午前と午後、翌日の午前とロングコースを歩き通しました。

今回は「何だか変だぞ」のまま終わってしまいましたが、歩き通す体力がまだあることにささやかな満足感を得て終了しました。
--フィッシングデータ---
日時:11月8・9日
場所:秋田県男鹿半島地磯
天候:曇り時々晴れ、水温:16℃
釣果:スズキ(フッコクラス)2尾
●タックル1
FCLLABO/UC11-2S+シマノ/07ステラSW5000XG
ライン:バークレー・スーパーファイヤーライン2号
リーダー:サンライン/ナイロンリーダー40lb
●ヒットルアー:ダイワ/ショアラインシャイナーZ 125S-DR(ゴールドレインボー)
[ 2017/11/16 06:59 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(0)

後ろ髪を引かれる思い

54年ぶりに東京に11月の初雪が記録されたいうニュースが飛び交う頃、風雪波浪注意報が出ている秋田沿岸をさまよっていました。
前日までは小春日和の天気が続き、急な冷え込みによる水温低下はかなりのマイナス要因ですが、行ける時に行くしかありません。

冷たい外気を含んだサラシから逃れるように魚達が沖に出るまでが勝負と考えてました・・・

20161124c.jpg

予想通りというか、早い時間帯になんとか2コンタクトがあり1ゲット。

しかし、風雪が厳しくなると釣りも厳しくなってしまいました。

20161124b.jpg

とはいえ、こんな日でも釣りが出来さえすれば実は幸せだったりします(笑)

あきらめず雫石の友人とランガン。

20161124a.jpg

誰もいないだろうと想像してましたが、磯狂いの友人二人にも遭遇し、四人が一同に会するシーンも。

「条件が悪くとも波さえあれば希望が持てる」のは、磯アングラーの性でしょうか・・・

皆、相当狂ってます(笑)

20161124d.jpg


こちらは合同探索シーンです。

この頃には時折り雲間から青空も。

行きはよいよい帰りはなんとやらで老体には正直辛いですが、シーズン終盤の渾身の一尾を目指すとなると避けては通れません。

しかし、結局この日は、早々にヒットした一尾のみで終了。

---

翌日、午前中も友人と共に行動しましたが、この日もずっと無反応。解決の糸口すら見つけられずさまよい続けました。

友人とも別れを告げ、帰り際に一人気になる場所へ入磯。正真正銘のラストポイントです。

ここで、なんと20数時間ぶりのコンタクト。

このドラマティックな展開に「してやったり!」と思った瞬間、UCがひん曲がり、相当きつめのドラグがずるずると滑りだしました。

ここは左右に根が点在するスリット状の場所。それゆえに自由にラインを出されては勝負にならないのは百も承知。

何とか突っ込みを止めて、強引に浮かせようと必死に対応しましたが、全く主導権がとれないままに根に突っ込まれてしまいThe End

まさに完敗とはこの事。

天国から地獄のようなラストシーンになってしまいました。

20161124e.jpg

---後記---
あれから約1週間。しばらく最後の一尾の事が頭から離れなかった。一体どうやったら獲れていたのだろうかと・・・。もしもヒット直後から強引なファイトで頭をこちらに向かせていたら、またはセットの波がスズキを足元に押し込んでくれていたら、こちら側にも僅かに勝機はあったのかもしれない。でも、それは「たられば」や「たまたま」の話。散々考えたけれど、まともな答えはまだ見つかっていない。今のところ言えるのは、こちらの想定をはるかに超える魚が確実に存在したという事と、そんな魚を手中にするのはちょっとした「運」も必要なのかもしれないという事。結局、運任せかよと失笑されそうだが、先日の魚に対峙して僕は実感した。おのれの力だけではどうにもならない事があることを。
そして、最後にもう一つ言えるのは、僕は本当に磯のサラシゲームが好きなんだなって事。磯を歩き回り、崖を上り下りしてビッグフィッシュとのコンタクトを求めるこのスタイルが楽しくて仕方がない。ただ単にスズキを狙うだけなら、もっと楽で効率的な方法は他にもたくさんある。けれども、僕は体力が続く限りこのスタイルを変えることなく磯をさまよっていることだろう。
[ 2016/11/30 16:25 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(0)

出船ならず磯へ転進 (2016スズキ・その2)

先月末は釣り仲間のfuji太氏と能代沖のジギングの予定を立てていました。

出船できるかどうか微妙な天気でしたが、前日に秋田へ向かいました。

案の上というか残念ながら道中、中止の決定が・・・

そのまま能代港から磯へと進路を変更。

オフショアジギングタックルの他にショア磯タックルも準備し、どう転んでも良いように保険を掛けていました(笑)

1028d.jpg

午後遅くに現場着。

10mほどの風が吹き波も2.5~3mとかなり荒れ気味の模様です。

足早に風裏やワンドの奥などランガンしましたが、何事もなく初日は終了。

翌日には一緒にジギングをやる予定だったfuji太クンとそのご友人S氏と合流し、磯を歩くことになったのでした。

実は磯繋がり(のはず)のfuji太クン。サクラマスやジギングでは何度かご一緒してましたが、磯を共に歩くのは初めてです(笑)

1028a.jpg

夜明け前に合流し、広大なエリアを3人でランガン。

---

磯ビギナーのご友人に早速のヒットがありましたが、無念のバラシ。

ほどなく、怒号のサラシの中から真っ黒のランカーサイズが僕のミノーを急襲。

UC11をひん曲げジリジリとドラグを鳴らしながらシモリへと突っ込みます。根から引きはがそうと少々強引にファイトしていたら無念のフックアウト・・・逃がした魚は確かに大きかったです(笑)

そもそもセットで立て続けにやってきた波が少し落ち着くのを待つべきでしたが、待ちきれずに怒号のサラシの中にキャストをしてしまった僕のミス。ミスが重なり千載一遇のチャンスを逃してしまいました。

---

点々と並ぶシモリに何匹かついていたのでしょうか、ショートバイトの後に更にヒットし、なんとか1尾をゲット。70㎝代半ばといったところでした。

1028b.jpg

なんとなく案内役に回った僕が最初に釣ってしまったので、あとの仕事はほとんど二人にお任せ。

特に磯ビギナーのS氏が主役です(笑)

ここで釣れるだろうというポイントでは後方でカメラを構えてました。

---

そうして撮影したS氏の磯スズキゲットシーン。ちなみに磯では初物だそうです。

1028c.jpg

ナイスなお魚を連続でバラシ、今一波に乗れなかった?fuji太クンも帰り際に待望の一尾をゲット。

結局、3人で9ヒット3ゲット(それぞれ1尾ずつ)という低打率で、反省点が残る結果で午前の部を終了。

僕はそのまま撤収し帰宅しましたが、残る二人は更に未踏の地へと突っ込んで行ったのでした(笑)

お二人共お疲れ様でした~♪
関連エントリー>>>能代沖にて
関連エントリー>>>テリ場へ再び

関連リンク>>>fuji太氏の「fuji太のるあーふぃっしんぐ
[ 2016/11/03 17:23 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(2)

磯の季節

待ちに待った「磯の季節」がやってきました。

天気予報をにらめっこすること数日。

休みのタイミングで程よく波が出そうな7日に男鹿を目指しました。

20161007aa.jpg

仕事の疲れが取れず遅い出発となり、現場に着いたのは10時(笑)。

すでに一仕事を終えすでに帰った後だったのかもしれませんが幸いに先行者の車もなく、道中に定めたポイントにすんなりと入れました。

急な崖を下り落りて、ふと振り返ると季節の移ろいをしみじみと感じます。

20161007a.jpg

一方、海原に視線を移すと眼前に広がる怒涛のサラシ。

いや~身震いします(笑)

20161005b.jpg

こちらはこの日のために用意したK2F142の画像。

スズキ用プラグを新調するのは久々です。

余談ですが「K2F142&122」に「SLS-Z125S-DR」があれば近頃の僕はもう十分なのです。

それでもほとんど出番のなくなったプラグ達が移動の度にBOX内でガチャガチャと音を立てています・・・

断捨離の時期ですね(笑)

20161007b.jpg

さて、沖根から伸びるサラシにそのK2Fを投入するとコツッと小さな当たり。半信半疑というか身体が勝手に反応し合わせを入れてました。

いや~一投目からヒットというまさかの展開(笑)

こんなことは磯では初めてかもしれません。

ちょっと痩せ気味な70㎝前後の磯スズキ。

魚のコンディションを見るとシーズン初期であること感じさせられますが、うれしい一尾には変わりありません。

20161007c.jpg

その後、しばしランガンするものの外洋側はウネリがきつく、時折り高波がやってくるので危険です。

ちょこちょこと探索するもののド荒れのサラシからは無反応。

狙いをワンドのシャローに切り替えるとムムムの光景。

海鳥達が騒いています。

「すわっ青物到来!」かと心躍りますが、どうも移動が遅く、騒いだり静かになったりと鳥達の喧噪がなんだか短いようです。

なんとなく捕食のタイミングがスズキのようで、むしろ願ったりの展開。

20161007dd.jpg

セットの波をやり過ごし、サラシが広がるのを待つこと数分。沖根に囲まれた小さなスポットにK2F122を落とすと白泡のなかから黒い物体が急上昇し反転。

この光景を見られただけでも十分に満足です(笑)

存分にスズキとのファイトを楽しみランディング。

80㎝には届きませんでしたが、こちらはナイスコンディション。

カタクチを目いっぱいにほおばってました。

20161007f.jpg

ほぼ半日で2尾の結果でしたが、これで十分にお腹いっぱいになりました。

それと磯歩き初日ということもあって、体力的にもいっぱいいっぱい!

無理せず早上がりしてこの日の釣りは終了。

温泉と旨い酒をひとり堪能したのでした・・・(笑)
[ 2016/10/09 21:55 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(2)

磯も徘徊 (2016スズキ・その1)

20160512a.jpg


20160512b.jpg


20160512c.jpg


5月初旬の連休は雨と代掻きによる濁りが予想されたため秋田のサクラマス狙いは断念し、大人しくしているつもりでした。しかし、この性格?ですから、二日目にはじっとしていいられずに息子を連れ出し磯を徘徊してきました。

昨年、何度か磯巡りをしていましたが、まだまだ断片的な情報しか得られず、活況を呈している宮城の磯スズキの姿を捉えることができないでいます。

この日も新規に2か所ほどアプローチの開拓(といっていいのか疑問ですが)をしてきました。

どちらもこれまでの経験からスズキが付きそうと言える場所でしたが、ベイトの姿がなく肝心の本命の姿もありませんでした。タイミングがマッチすれば結果が出そうな気もしますが、思い付きの釣行、しかもサクラマスとの2足のわらじではなかなか厳しいのが実感です。

今シーズンは、近年では稀にみる好調のサクラマスに狙いを絞るべきですね。
[ 2016/05/21 08:53 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(0)