元気です!

20130705a.jpg

釣具店を営む友人から依頼された仕事のために1週間ほど留守にしてました。そんなわけでしばらくぶりの更新です。先のランディングネット紛失はとても残念でしたが、かと言って立ち直れないほど落ち込んいたわけではないので、とりあえずご安心!?ください。

潜伏中には当ブログでは珍しく沢山のブログ拍手を頂戴し、これはきっと「叱咤激励」なのだとうと受け止めておりました。

皆様ありがとうございました。

---

さて、今日も外は雨。

いくら雨が嫌いじゃない私でも雲の中に閉じ込められた状況では、さすがに写欲が盛り上がりません(笑)。そこで留守中に汚れてしまった金魚の水槽掃除のついでに久々に金魚達を撮ってみました。

我が家にやって来て2年のおよそ5歳魚のオランダ獅子頭です。実は凄くでかくて左が20cm、右はそれ以上の巨大金魚達です(笑)。おそらく純粋なオランダじゃなくジャンボオランダの系譜なんでしょう。金魚はでかいし水槽は曲面ガラスなので、この画角におさめるのに結構苦労しました(笑)。

ちょっと歪んでますが、目を瞑ってください。

---

震災時に空になってしまった水槽を不憫に思った方からいただいた大事な金魚達です。
[ 2013/07/05 10:40 ] 金魚 | TB(-) | CM(0)

金魚その後

本業が忙しく、釣りに行く時間がありません。

無理して時間を捻出すればゲリラ出撃も可能ですが、おそらく一月ほどの山篭りになりそうです。

毎年、この反動が大きく作用して、秋磯へ意識がぶっ飛んでしまう、そんな気がしないではありません(笑)。

さて、今日は久々に金魚の話題です。

---

昨年の6月から飼いだしたその金魚ですが、2度の全滅という悲しい経験をしました(苦笑)

※詳しくは「金魚カテゴリー」をご覧ください。

しかし、苦い思いを乗り越え、再々スタートをきった第3期の金魚達は、皆、元気に過ごしております

その第3期生(左側3匹)と、後から仲間入りした第4期生達(右側2匹)です。
我が家の金魚達

再々スタートは、昨年の7月29日。

個々に見ると、「浮き気味」、「転覆気味」の金魚も居て、全く問題無しとは言い切れませんが、一匹の犠牲もなく、一周年を迎えられるのは、過去を思えば大きな進歩だと思います(笑)

これから長生きして、どこまで大きく成長するのか、そちらも楽しみです。
[ 2009/07/23 16:10 ] 金魚 | TB(0) | CM(4)

金魚 その6

金魚を買い始めてから早いもので4ヶ月が立ちました。

ご存知の通り、最初のひと月は苦労の連続で、二度の全滅を経験。計7匹もの金魚を天国に送ってしまいました。

苦くて辛い経験でしたが、その後、飼育方法&環境を見直して、7月から買い始めた3匹(オランダ獅子頭2・丹頂1)は、とても順調で皆元気にしています。
10月の金魚達

当初、51cm(通常の45cmと同等)だった水槽では満足できなくなり、60cmに換えました。これで容量が36リットルから56リットルへと1.5倍にアップ。同時にろ過器は、外掛けフィルターから上部式+投げ込み式にとって代わり機能も充実。

3日に一度、せっせと繰り返していた水換えは、週一ペースに延びました。

こうなると飼育者の心にゆとりが生まれます。9月に仲間いりした青文魚の他に、新たに東錦も加えた5匹体制で現在進行中です。

ところで画像を見ると、皆、丸手の金魚ばかりですね。どうやら私はスリム系よりも、ポッチャリ系が好みのようです。(○○もか・・・?笑)

プリプリと泳ぐ姿はかわいいもんで、ぼぉーと眺めてしまうことしばしばです。

さて、金魚を増やすのは、これにて終了です。

今後は、大きく成長(=長生き)させるのを目標にしたいと思います。
[ 2008/10/08 15:01 ] 金魚 | TB(0) | CM(4)

試行錯誤 (金魚その5)

7/6に金魚の再スタートをしてから2ヶ月近くが経ちました。

その間、金魚の話題には触れませんでしたが、実をいうと息子と二人であれこれ悩まされました(苦笑)。

※関連エントリー「再スタート(金魚その4)」

コメットを2匹迎えて再スタートをしたものの、あろうことか1週間後には尾腐れ病を発病。その後、薬浴を試みましたが、相次いで死んでしまいました。

全く持ってどうしたら良いのか、一時、途方に暮れてしまいましたが、まずは原因を究明しなければなりません。

まず考えられたのは、購入時点で感染していた可能性です。導入直後のエサ切りを行ったので、水質の悪化はそんなに考えられません。ただし、塩浴によるトリートメントを施さなかったので、環境変化によるストレスで発病してしまった可能性があります。トリートメントを行わなかったのは私のミスですが、その他に思い当たったのが発病直前に行った1/3の水換え

実は前回の失敗を含めて、水換えを行う度に金魚の調子が悪くなっていることに気づいていました。もちろん市販のカルキ抜きを使ったり汲み置きしたりして残留塩素を取り除き、水合せもしっかりと行ったつもりでしたが、どうもうまくいかない・・・。

ちなみに我が家の水は、町の上水道ではありません。この辺り一帯を分譲した不動産会社が管理する地下水を利用しています。

我々にとっては満足のいく美味しい水も、ひょっとすると水道水そのものが、金魚に合っていないのではないだろうかと考えるようになりました。コメットの発病の一因になっているかもしれません。それ以降、近所の水(といっても10km先)を利用してみることにしました。


7/29、オランダ獅子頭2匹と丹頂1匹を買い求め、再々スタート

5日間の塩水浴(トリートメント)を後、本水槽に移動。

恐怖の水換えも、何事も起こらず一安心。

その後は、亜硝酸濃度を試薬でチェックしながら水換えを実施。しばらく、ほぼ3日に1回のペースが続きましたが(もちろん近所の水で)、巷で言われているように、1ヶ月を迎える頃には亜硝酸濃度が急に下がりました。

初めて1ヶ月の山場を越えることが出来ました(笑)

そして、現在の様子です。
我が家の肉瘤軍団(笑)

水槽の水は、やや緑色掛かった水色になって、あたりにもミドリゴケが繁殖し始めてきました。これが、いわゆるこなれた水とでもいうやつでしょうか。水槽の見た目の美しさは欠けますが、金魚達にはとても居心地が良さそうです。

そういえば、初回、2回目の失敗の頃は、水はきれいなのに次々と金魚達が死んで行き、まるで悪夢を見ているようでした(苦笑)。

現在、あらたに青文魚を仲間に加えて肉瘤軍団を結成。

家族に見守られながら元気に泳ぎまわっています。
[ 2008/09/01 14:15 ] 金魚 | TB(0) | CM(2)

再スタート(金魚その4)

今週の日曜日から金魚の飼育を再スタートしました。

コメットが2匹です。
2匹のコメット
前回は5匹でしたが、水質管理に慣れるまで少なめで始める事にしました。

2日目に動きが鈍くなり一時心配しましたが、すぐに元気になりホっと胸をなでおろしました(苦笑)

たかが金魚されど金魚ですね。
[ 2008/07/09 09:49 ] 金魚 | TB(0) | CM(0)