8月の長雨

7月下旬から仙台は、連日の雨模様です。

8月だというのにも最高気温も22~25℃付近を推移し、夏らしさが微塵も感じられず、まるで梅雨空けが無かったかのような天気です。

おまけに右肩が痛くて腕を上げられず、どうやら五十肩のようです(苦笑)

---

20170803a.jpg

さえない天気の中、庭先で羽化下ばかりのアブラゼミ君。

どうやら我が家の庭木はセミ達に気に入られているようで、アブラゼミとミンミンゼミが次々に羽化し、その抜け殻をたくさん見つけることができます。

セミにとっては一世一代の大舞台のはずですが、本当に気の毒になるくらいの雨空です。

20170803b.jpg

喜んでいるのは、こちらだけのようです(笑)

---

一時よりだいぶ肩の痛みは和らいだので、そろそろ活動再開といきたいところですが、何はともあれスカッと晴れた天気が待ち望まれます。
[ 2017/08/20 12:03 ] 名取から(雑感) | TB(-) | CM(0)

仙台空港にて(その2)

あれよあれよという間に7月になってしまいました。

6月中は諸事情あって一度も釣りに行けずじまいでした・・・よって、今期のサクラマスフィッシングは終了!

2008年以来のノーフィッシュです(涙)

---

ストレスが高まると余計な物欲が高まるもので、浮いた釣行費であらたにレンズを入手してしまいました(苦笑)。

早速テスト撮影に行きたいものの、フィールドにはしばらく行けそうもないので、手っ取り早く仙台空港にバイクを走らせてみました。

程よく旅客機が飛んでくるので、動体撮影テストにはうってつけです。

20170624a.jpg


20170624b.jpg


20170624c.jpg

20170624d.jpg

20170624f.jpg


20170624g.jpg

20170624h.jpg

薄曇りの天気で低コントラスト。

写真自体は取るに足らないものばかりですが、久々にやる気のでるレンズに出会えて満足です。

しばしお休みしていたスナップ撮影を再開してみようと考えてます。
[ 2017/07/01 08:33 ] 写真(スナップ) | TB(-) | CM(0)

釣らせてもらいました(2017ショアフィッシング・その1)

20170526a.jpg

先週の休日は、息子と山形の海岸線を歩いてきました。

今期サクラマスを本格的に始めた息子は、職場の友人と共にショアゲームにもはまりつつあります。

uz_20170427a.jpg

彼の初ジギングとなる酒田沖提での釣果。

こんなのが初挑戦で釣れたら「はまる」のも無理がありません(笑)

uz_20170523a.jpg

その後、地磯に場所を移して。

なんと同行の友人とトップ系のプラグでワラサが大爆釣だったとか。

そんな美味しいシーンに遭遇したことのない父親にとっては、半信半疑の出来事です。

サクラマス終盤の忙しい時期ですが、この目で確かめるべく実地調査と相成りました(笑)

---

前日の夕刻に現地入りして下見。

べた凪でベイトの気配も皆無。

用意してきた青物用トップ系プラグやシーバス用プラグを投じても無反応。

何だか「前回は良かったのに・・・」という釣りでは良くある話の展開です(笑)

20170526b.jpg

しかし、翌朝に息子の話の一端を垣間見ることに。

---

息子に一投目からバイトがあり、直後に65㎝のワラサをゲット。

ポジションチェンジをして僕にもすぐに61㎝。

この日も大爆釣か!?と多いに期待が高まりましたが、残念ながら反応はこれっきり(笑)

それでもベイトっ気がなく、潮もほとんど動いていない状況で、これはこれで十分の結果に思えます。

---

息子の横顔も「ほら、釣れるでしょ」といわんばかりに顔がほころんでいるようでした。

---フィッシングデータ---
日時:5月26日
場所:山形県地磯
天候:晴れ時々曇り
釣果:ワラサ61㎝(私)、65㎝(息子)、
●タックル1(私)
FCLLABO/UC11-2S+シマノ/07SWステラ5000HG
ライン:バークレイ/スーパーファイヤーライン2号+サンライン/ナイロンショックリーダー40lb
使用ルアー:タックルハウス/K2F142/HGコノシロレッドベリー
●タックル2(息子)
FCLLABO/UC11+ダイワ/セルテートハイパーカスタム4000H-PE
ライン:バークレイ/スーパーファイヤーライン2号+サンライン/ナイロンショックリーダー40lb
使用ルアー:タックルハウス/K2F142/HGコノシロレッドベリー
[ 2017/06/02 12:32 ] ソルトウォーター ショア | TB(-) | CM(2)

10年振りに(2017サクラマス・その3)

ゴールデンウィークの前半は、息子と秋田玉川を歩いておりました。

最後に息子と玉川を訪れたのは彼が中2の頃なので、実に10年振りです。その間にはご多聞にもれずいろいろとあったので感慨深いものがあります。

20170502a.jpg

朝靄に包まれてのスタート。

秋田は田園の一角に墓が多いです。ここもサクラの木を囲むように墓石が建立されてました。

20170502b.jpg

釣りの前に目に留まった蜘蛛の巣。

特に深い意味はありませんが、サクラマスは僕らの「ネット」に収まってくれるのでしょうか(笑)

20170502c.jpg

水量は平水プラス20㎝程。

やや高めですが、釣りに支障はありませんでした。

20170502d.jpg

靄が消えるとブルースカイ。

水況はまずまずでしたが、サクラマスからの反応がないまま時間は経過。

それでもこんな空の下で釣りができるのですから気分は爽快です。

20170502e.jpg

土手のスイレンが満開です。

撮影し忘れましたが、ソメイヨシノも満開でした。岸際には桜の花びらが流れ着いてなかなかの風情。そんな場所でサクラマスの写真を撮りたいところでしたが、世の中そんなに甘く無し(笑)

20170502f.jpg

周囲の景観にカメラを向けている親父と違って息子は最後の最後まで釣りに集中していました。

何時サクラマスが来てもおかしくない釣りをしていましたが、残念ながらこの日は終始反応無し。とことこやり切ったので良しとしましょう。

いつかこの日の苦労が報われることでしょう。

20170502g.jpg

日没間際に我々と合流予定の友人が時間調整のために入った場所で一投でサクラマスを仕留めました。

まさにこの釣りを象徴するような結末でした(笑)
[ 2017/05/06 08:25 ] フレッシュウォーター サクラマス | TB(-) | CM(0)

雪解け本番(2017サクラマス・その2)

20170406a.jpg

秋田の各河川もサクラマスの解禁を迎えましたね。

残念ながら解禁日は都合で参戦できませんでしたが、数日後となる5・6日に雄物川水系を巡ってきました。

数日前の寒さから一転、道路に設置された気温計が21℃まで急上昇する中での釣りでした。

この時期の気温急上昇は歓迎できないのですが、案の上、初日午後から濁りが入り、二日目は大本流はもちろんのこと、支流もダクダクの状態に(苦笑)

実質一日の釣りでしたが、今後のベストシーズンの下見をかねて久しぶりに川を歩けたので良しとしましょう。

---

画像は雄物川水源に近い秋田山形と県境の様子です。

里山にこれだけ雪が残っているのですから、深山の状態は推して知るべしですね。

雪代の収束のタイミングが自分の休日と絡むのか、気になるところです・・・
[ 2017/04/11 09:20 ] フレッシュウォーター サクラマス | TB(-) | CM(0)