FC2ブログ





とりあえず開幕(2020サクラマス・その1)

mogami.jpg

昨日、最上川にて今期の開幕戦を終えてきました。

発達した低気圧に向かって吹き込む風が予報より早く、そして強く吹く中、一日頑張ってきましたが、残念ながら反応はありませんでした。

それでも荒れ気味の天気のお陰か、アングラーの姿も疎らで大河川の醍醐味(=厳しさ)を存分に味ってきました(笑)

強風・曇天でなんだか周囲の景色もパッとせずカメラを取り出すことがなかったので、掲載画像は2016年3月24日の最上川のものです。

---

来週は、健康診断で見つかった大腸のポリープとやらを取り除くために病院にお泊りの予定です・・・

事が順調に運べは次戦は再来週となり、その時は息子と大本流のお宿にお泊りの予定です。
[ 2020/03/05 11:03 ] Freshwater サクラマス | TB(-) | CM(0)

サクラマスが遡る頃

サクラマス釣りの大先輩が僕の好きな川の画像をご自身のブログにアップし、フィールドへの思いを馳せていました。

突然のサクラマスフィールドの画像は、まさに触発された訳です・・・(笑)

2019_05aa.jpg
河畔の木々が若葉で燃える頃

2019_05a.jpg
周囲の山々に雪の残る頃

2019_05c.jpg
上流にまで遡った鱒達を狙う頃

---

同好の士の思いに触れ、そして自身の画像を掘り起こしてみると、釣果とはまた別の充実感がこの釣りに存在することを再認識します。
[ 2020/02/19 11:14 ] Freshwater サクラマス | TB(-) | CM(2)

2019酒田沖ジギング

20191209a.jpg

三陸ブリジギングの終了後は、酒田沖に場所を変え相変わらずブリを狙っておりました。

12月の象潟~酒田沖のブリは、数はそれほど期待できないもののサイズが半端ではなく、10㎏オーバーは序の口、12.13kgでブラボーサイズとなります(笑)。更には17,18㎏クラスも決して夢のサイズではなく、そんな特大サイズを狙うアングラーで活況を呈します。

僕もそんなブリを夢見て、毎年この時期にはマメに予約を入れてはみるものの、冬の日本海は冬型の気圧配置になれば北西の季節風が吹き荒れ、出船確立は著しく低くなります。

一昨年の出船は1回、昨年にいたっては0回でした

---

そんな日本海ですが、今シーズンは幸いに3度浮かぶ事ができました。

例によって、3回分まとめたダイジェスト版です(苦笑)
---以下、釣行記---

20191127b.jpg

今期、酒田沖でお世話になったのは、3回とも酒田港の「シルバースノーさん(https://yanbo25.wixsite.com/silversnow)」。

初回は11月27日。ぽつりぽつりとワラサが上がるまずまずの状況の中、船長から「良い反応が出てますよ。」の声とともに右舷2番の方のロッドがひん曲がる。ほどなく右舷4番に座を構えている僕のベイトタックルにもそこそこ重量感のある魚がヒット。2番の方とラインがクロスし、一瞬ヒヤリとするが、座をチェンジしてお互い無事にゲット。僕のは10㎏そこそこだったが、2番の方のは11.12㎏はありそうな超メタボ。僕のブリがあきらかに見劣りする(苦笑)。たまたま良い群れが通過したという印象で、特にベイトのロングフォールが有効だったという実感は無かった。

とはいえ、前週の三陸から連続のブリ、酒田では開始早々のブリに気を良くする。これからどんなサイズが上がるのだろうかと脳内に特大サイズが回遊し始める(笑)

20191127a.jpg
※画像はシルバースノー小野船長からの頂き物!

ちなみに、小野船長からは事前に、「ブリは根に入らないので、そんなにドラグをきつくしなくても良いですよ」とアナウンスがあった。聞くと前の日は相当数のブリが上がったものの、ラインブレイクがかなりあったらしい。ドラグ設定は3-4㎏で十分との事。たしかに根がかりするような岩礁もないので、10㎏オーバーのブリを相手に無理することもないのだろう。

一方、三陸ではボトムでのヒットがほとんどで、ヒット直後の主導権を握らないと根ズレでやられてしまう。広進丸船長はドラグを緩めにしているとアングラーには、締めこむようアドバイスを送っている。どちらの船長もフィールドに即した助言をしているものと納得できる。この日は、場所は変わっても三陸で培った自分のスタイルを変えることもないだろうと、ドラグは約5㎏に締めこんだままにした。

スピニングタックルに変えて、ロッドティップの戻りのみを生かした?フワフワのジャークで誘っていると1尾目を超えるような重量感のあるサイズがヒット。ドラグを締めこんだスプールが逆回転する中、追い合わせを入れる。おそらく3回目の追い合わせだったと思う。ブスッと嫌な感触が手に伝わる。あろうことかのフロロ14号のリーダーブレイクだった。青物ジギングに挑戦してから初めての合わせ切れ。もっとも嫌いなことをやってしまった。やはり船長の助言に従うべきだったか・・・

この出来事で、その後の釣りに迷いが生じることとなる。

20191209b.jpg

2回目は12月9日。一流し目から元気の良いイナダがヒットと思いきや、自身初となるヒラマサだった。60㎝台の小マサだが嬉しいお魚に間違いない(笑)。その後、サワラを追加。ジグを持っていかれている人もいる。ショートバイトは、ほとんどがサワラのようでリーダーが傷つくので気が抜けない。

この日のハイライトは中盤に起きた。例によってジグをボトム近辺でフワフワ誘いあげているとドン!
待望のブリかと喜んだのもつかの間、フックアウト。すぐにボトムを取り直して誘いあげると再びドスン!
ショートバイト後のサイズアップの手ごたえ(笑)。船長からも「仕切り直したね!」と声がかかる。ドラグは郷に入って、3㎏設定といつもより弱め。ステラのドラグから心地よいサウンドがなり響く、1度目のダッシュをなんとか堪え、ボトムから引きはがしたところで、2度目のダッシュ。もう安全圏だと確信していたので余裕を持って対処できた。コンセプトS S62-4が見事にひん曲がっているが、これは時間をかければ獲れる、そう思った瞬間、ラインテンションを失ってしまった・・・

合わせが効きていなかったのか・・・
前回の合わせ切れが頭から離れず、向こう合わせ気味のヒットにもかかわらず、いつものような追い合わせが入れきれていなかったかもしれない。2釣行連続での良型バラシで、ショックはかなり大きかった(苦笑)。

20191216a.jpg

翌週12月16日も青物ジギング初挑戦をなる息子と共に乗船できた。当然、リベンジに燃えていたが(笑)、この日は船中、イナダ・ワラサ・マダイがぽつぽつと上がる
状況。絶好調からやや小康状態に落ち着いたといった印象で、最後まで破格のサイズは現れなかった。それでも初挑戦の息子がブリクラスを上げ、青物ジギングの楽しさを満喫してくれた様子。親子共々十分に楽しむ事ができた。

20191216b.jpg

---

これで今年の釣りは終了です。

ひたすらブリを追いかけた半年でした。振り返ってみると、やはりブリが出る日、更にはヒットするチャンスはそう多くないとつくづく思い知らされました。

今年は野球に例えるなら、起死回生のサヨナラホームランもありましたが、たまたまの印象が否めません。むしろ、チャンスの場面でど真ん中の絶好球を空振りしてしまったことが脳裏に深く刻まれています(苦笑)。打ち損じが少なく、ここぞいう時にはホームランも打てる好打者になりたいものです(笑)


---フィッシングデータ---時:2019年11月27日 乗船時間6:00~14:30
場所:酒田沖
釣船:酒田港「シルバースノー」
天候:晴れ、水温:-℃、波:1m、風:-
釣果:ブリ1尾10㎏(90cm)

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S64-4
リール: シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号

●タックル2(ベイト)
ロッド:FCLLABO/UC63PROベイト
リール:シマノ/19オシアジガーFカスタム2000NR-HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:シマノ/べブルスティック(メッキコパー)


---フィッシングデータ---
日時:2019年12月9日 乗船時間6:30~15:30
場所:酒田沖
釣船:酒田港「シルバースノー」
天候:晴れ、水温:-℃、波:1m、風:-
釣果:ヒラマサ1尾(65cm)、サワラ1尾(90cm)、イナワラ数尾

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S64-4
リール: シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:ビート/ブースF SL 200g(エッジゼブラグローケイムラ)、ブースF SL 200g(エッジゼブラグローゴールド)

●タックル2(ベイト)
ロッド:FCLLABO/UC63PROベイト
リール:シマノ/19オシアジガーFカスタム2000NR-HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号


---フィッシングデータ---
日時:2019年12月16日 乗船時間6:30~15:30
場所:酒田沖
釣船:酒田港「シルバースノー」
天候:晴れ、水温:-℃、波:1.5-1m、風:-
釣果:ワラサ1尾(82cm)、イナワラ数尾 息子:ブリ1尾8kg(90cm)

●タックル1(スピニング)私
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S64-4
リール: シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:ネイチャーボーイズ/スイムライダー200g(ナクイグロー)、ブースF SL 200g(エッジゼブラグローゴールド)

●タックル1(スピニング)息子
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S60-5
リール: シマノ/15ツインパワーSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
ヒットジグ:ビート/ブースF SL 200g(エッジゼブラグローケイムラ)、ブースF SL 200g(エッジゼブラグローゴールド)
[ 2019/12/26 15:57 ] Saltwater オフショアフィッシング | TB(-) | CM(0)

2019年三陸青物ジギング・後半戦

8月から通い始めた三陸ブリ狙いのジギングですが、11月21日をもって終了しました。

8・9月の前半戦に5回、そして、今エントリーにアップした10・11月の後半戦に5回の都合10回。

我ながらよく頑張ったと思います(笑)

ほぼシーズンを通してフィールドに接することで何か掴める物があるのではないかという事で始めた今期の挑戦。

終わってみればあっという間の出来事でした。

20191016b.jpg

シーズン中、お世話になったのは、全て三陸崎浜港の広進丸さん。

後半戦はサイズアップ狙いで、90-100mレンジのオオネ(大根)、更に最終盤は、110-120mレンジのトウジガネ(東治ヶ根?)が主戦場となりました。

海上が荒れてメインポイントに入れないことや、早上がりになることもありましたが、いつも大物を何とか釣らせようという船長の熱い思いがヒシヒシと伝わってきました。

当然、こちらはひたすら釣りに集中するのみ!

20191028b.jpg

この日は、勤務先の後輩と(10/28)。

3度、大物をヒットさせていましたが、青物に翻弄されて苦い思いをしていました。

右手がワンフィンガーグリップのため力が入っていないようです・・・(苦笑)

来シーズンのリベンジに期待ですね。

20191028a.jpg

大根の80アップのワラサ(10/28)。

終盤の個体らしくムッチリと太っていました。

20191028c.jpg

釣れた日の帰港は、良いもんです。

周囲に目を向けカメラを持つ余裕がありますが、釣れない日は写真どころではありません(笑)

20191121d.jpg

早上がりの日に、ふと目についた光景。

愛機を持参しなかったのが残念でした。

20191121a.jpg

11月21日の三陸最終日、スピニングタックルでゲットしたワラサです。

この日は水温が一段と下がったようでブリ・ワラサポイントには深場に落ちて来たイナダ、イナワラも混在し、好活性のイナダ〜ワラサで船中が賑わいました。

上げの誘いでは、ブリが反応しないと感じ、ボトムに張り付いたブリを狙うべくベイトタックルにチェンジ。

20191121b.jpg

ボトム近辺をねちっこくロングフォールで誘い続けて、ようやく口を使ってくれた今期初のブリ!

最終日の早上がり終了間際に、今期の集大成ともいえる魚に出会えた事は幸運でした。

---

とまぁ、少々出来過ぎのような結末となりましたが、相変わらず底べったりで、なかなか口を使ってくれない相手をいかに振り向かせるべきか、明確な答えは見つかっていません。

一つだけ言えることは、三陸ブリジギングのゲームの面白さにますますのめり込み、また来年も挑戦が続くということでしょうか(笑)


---フィッシングデータ---
日時:2019年10月16日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温:18℃、波:0.5m、風:北東
釣果:サワラ1尾、イナダ4尾

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S64-4
リール: シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイルスピード200g(オールシルバーグローベリー)

●タックル2(ベイト)
ロッド:テンリュウ/ホライゾンプログレッシブHPG66B-M
リール:シマノ/11オシアジガー1500HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE1.5号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス10号
ヒットジグ:シマノ/ぺブルスティック150g(キョウリンシルバー)、サーディンウェバー150g(アルミシルバー)


---フィッシングデータ---
日時:2019年10月22日 乗船時間6:00~9:00※強風のため早上がり
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温:-℃、波0.5m:、風:-
釣果:イナダ3尾

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S64-4
リール: シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイルスピード200g(オールシルバーグローベリー)


---フィッシングデータ---
日時:2019年10月28日 乗船時間6:00~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温:-℃、波:0.5m、風:-
釣果:ワラサ1尾(81cm)

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S60-5
リール: シマノ/15ツインパワーSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:ナイチャーボーイズ/スイムバード220g(レッドゴールド)


---フィッシングデータ---
日時:2019年11月11日 乗船時間6:00~10:30※強風のため早上がり
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れのち雨、水温:16℃、波:0.5-2m、風:南東
釣果:ワラサ2尾

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S64-4
リール: シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:ナイチャーボーイズ/スイムバード220g(レッドゴールド)

●タックル2(ベイト)
ロッド:FCLLABO/UC63PROベイト
リール:シマノ/19オシアジガーFカスタム2000NR-HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:シマノ/イージーぺブル170g(メッキコパー)


---フィッシングデータ---
日時:2019年11月21日 乗船時間6:00~10:30※強風のため早上がり
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温:15℃、波:0.5-2m、風:西北西
釣果:ブリ1尾(93cm)、ワラサ1尾

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S64-4
リール: シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:ナイチャーボーイズ/スイムバード220g(レッドゴールド)

●タックル2(ベイト)
ロッド:FCLLABO/UC63PROベイト
リール:シマノ/19オシアジガーFカスタム2000NR-HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:ビート/ブースF200g(フルオレンジZG)
[ 2019/12/03 17:12 ] Saltwater オフショアフィッシング | TB(-) | CM(0)

2019年三陸青物ジギング・前半戦

ブリを中心とする青物を狙って8月から三陸の海に通っていました。例年だと10・11月がピークですから、ブリ狙いにはかなり早めの気もしますが、自分の釣りの幅を広げる目的で、夏から秋へと変化する海で釣りを展開してみようと考えました。

これまでのスピニングタックルのガチンコ勝負オンリーだったスタイルを若干見直して、「緩急」と「フォール」が今期のテーマです。

---

それと、刻々と変化する海に対して、その日その時の状況に合うパターンを探るという面では、自分の釣りの精度を上げ、ブラッシュアップさせたいところです。

以下、簡単ですが、前半戦のダイジェストです。

2019_sanriku_001.jpg

8月19日の開幕戦。朝一からカタクチ絡みの鳥山が発生。魚っけムンムン、サイズもグッドといううれしい状況。更にはワンピッチには反応せず、フォールにバイトが続くという、今期のテーマを実践する願ってもないチャンスながら、試しに用意したバーブレスフックが仇となり?バラシを連発。

2019_sanriku_02.jpg

僕がバラシを連発する中、友人は良型をしっかりゲット。ベイトが絡めば、8月からこんなワラサが出るんですね。

2019_sanriku_03.jpg

こちらは潮が止まるとやってっくると言う招かれざるお客様?見かけに寄らず美味でした。

2019_sanriku_04.jpg

ジグはブリスタイルスピード。あれこれ変遷がありましたが、スピニング時のロングジグ系はこれが中心。

2019_sanriku_05.jpg

これもブリスタイルスピードで。

2019_sanriku_06.jpg

ベイトタックル時のジグは、シマノのスティンガーバタフライシリーズがメイン。ぺブルスティックとイージーぺブルを使い分け。ちなみに真鯛ジギングでは同シリーズのサーディンウェーバーがお気に入り。やや塗装が弱いのが難だけど、価格相応なのかな。

---

と言った具合で、ブリの姿を見ることはありませんでしたが、季節の移ろいを感じながら十分に楽しむことができました。ポイントも岸よりの浅場から徐々に深場へと移り、ヒットサイズも確実にアップしています。

準備期間の前半戦はこれにて終了。いよいよこれからが本番です!


---フィッシングデータ---
日時:2019年8月19日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温24:℃、波1m:、風:-
釣果:ワラサ1尾、イナワラ1尾、アイナメ2、マゾイ1尾、マトウダイ1尾

●タックル1(スピニング)
ロッド:テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5
リール: シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイルスピード200g(オールシルバーグローベリー)

●タックル2(ベイト)
ロッド:テンリュウ/ホライゾンプログレッシブHPG66B-M
リール:シマノ/11オシアジガー1500HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE1.5号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス10号
ヒットジグ:シマノ/ぺブルスティック150g(キョウリンシルバー)、サーディンウェバー150g(アルミシルバー)


---フィッシングデータ---
日時:2019年8月30日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温23:℃、波0.5m:、風:-
釣果:ワラサ1尾、マゾイ1尾

●タックル1(スピニング)
ロッド:テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5
リール:シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイルスピード200g(オールシルバーグローベリー)

●タックル2(ベイト)
ロッド:テンリュウ/ホライゾンプログレッシブHPG66B-M
リール:シマノ/11オシアジガー1500HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE1.5号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス10号
ヒットジグ:シマノ/サーディンウェバー160g(アルミシルバー)


---フィッシングデータ---
日時:2019年9月11日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:雨、水温23:℃、波1m:、風:-
釣果:イナワラ(数は忘れました)

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S62-4
リール:ダイワ/15キャタリナ4500H
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイルスピード150g(マジョーラシルバー・オールシルバーグローベリー)
フック:ステキ針/幻3/0自作、ネイチャーボーイズ/アイアンフックType-ST4/0

●タックル2(スピニング)
ロッド:FCLLABO/FCB63Jig
リール:ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号

●タックル3(ベイト)
ロッド:テンリュウ/ホライゾンプログレッシブHPG66B-M
リール:シマノ/11オシアジガー1500HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE1.5号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス10号
ヒットジグ:シマノ/サーディンウェバー130g(グローヘッド)
フック:がまかつ/ジガーミディアム・ロック5/0自作

●タックル4(ベイト)
ロッド:FCLLABO/UC63Proベイト
リール:シマノ/19オシアジガーFカスタム2000NRHG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号


---フィッシングデータ---
日時:2019年9月16日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温21:℃、波0.5m:、風:南
釣果:イナワラ14尾、ホウボウ1尾

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S62-4
リール:シマノ/15ツインパワーSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイルスピード150g(マジョーラシルバー・オールシルバー)
フック:ステキ針/幻3/0自作、シャウト/ヘビースパーク3/0自作

●タックル2(スピニング)
ロッド:FCLLABO/FCB63Jig
リール:ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号

●タックル3(ベイト)
ロッド:テンリュウ/ホライゾンプログレッシブHPG66B-M
リール:シマノ/11オシアジガー1500HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE1.5号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス10号
ヒットジグ:シマノ/ぺブルスティック150g・200g(キョウリンシルバー)
フック:がまかつ/ジガーミディアム・ロック6/0自作

●タックル4(ベイト)
ロッド:FCLLABO/UC63Proベイト
リール:シマノ/19オシアジガーFカスタム2000NRHG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:シマノ/イージーぺブル170g(ナゴナゴ)
フック:がまかつ/ジガーミディアム・ロック6/0自作


---フィッシングデータ---
日時:2019年9月27日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温20:℃、波1m:、風:南
釣果:ワラサ~イナワラ7尾

●タックル1(スピニング)
ロッド:シマノ/オシアジガー コンセプトS S62-4
リール:シマノ/15ツインパワーSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイルスピード200g(オールシルバーグローベリー)、シマノ/イージーぺブル170g(ナゴナゴ)
フック:ステキ針/幻3/0自作、シャウト/ヘビースパーク3/0自作

●タックル2(スピニング)
ロッド:FCLLABO/FCB63Jig
リール:ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号

●タックル3(ベイト)
ロッド:テンリュウ/ホライゾンプログレッシブHPG66B-M
リール:シマノ/オシアジガー1500HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE1.5号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス10号

●タックル4(ベイト)
ロッド:FCLLABO/UC63Proベイト
リール:シマノ/19オシアジガーFカスタム2000NRHG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンX8 PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス14号
[ 2019/09/30 23:17 ] Saltwater オフショアフィッシング | TB(-) | CM(0)